持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

エイリンは、自転車販売を通じて
「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

自持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、 2015 年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から 2030年までの国際目標です。

JAPAN SDGs Action Platform(外務省:外部リンク)
持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組(外務省国際協力局発行:PDF)

SDGsを構成する「世界を変えるための17の目標」

  • 貧困をなくそう

    貧困をなくそう

    ・エコキャップ回収活動によりワクチン寄与
    ・日本赤十字社に対する寄付 【災害への募金】
    ・使えなくなった自転車の再利用
    ・使えない自転車を海外輸出による再利用
    ・中古部品再利用の促進

  • すべての人に健康と福祉を

    すべての人に健康と福祉を

    ・健康寿命を延ばすために⾃転⾞を乗る場の提供イベント
    ・初めての方が自転車に乗るきっかけを積極的に提案
    ・メタボリック改善、運動不⾜改善
    ・自転車と健康とのつながり勉強会
    ・シニア社員の雇用促進
    ・健康経営の促進働く人の健康に対する取り組み

  • 質の高い教育をみんなに

    質の高い教育をみんなに

    ・社内研修
    ・社外研修の積極的活用
    ・人間的成⻑
    ・技術的成⻑
    ・仕事を楽しく取り組んでいくための教育

  • ジェンダー平等を実現しよう

    ジェンダー平等を実現しよう

    ・男性中⼼の職場ですが、⼥性の感性やきめ細やかさを売り場に取り⼊れ感動を提供
    ・⼥性リーダーの積極的活⽤すべての⼈の能⼒を⾼める
    ・現場への⼥性の積極的活⽤(⼥性部⻑職⼥性リーダー職)
    ・育児休暇制度産休後の復帰⽀援サポート

  • エネルギーをみんなに そしてクリーンに

    エネルギーをみんなに そしてクリーンに

    ・USB充電式ライトの促進
    ・⾃転⾞の再利⽤による廃棄の減少
    ・廃タイヤの再利⽤促進活動
    ・⾃転⾞の活⽤によるCO2削減

  • 働きがいも経済成長も

    働きがいも経済成長も

    ⾃転⾞販売を通じて、お客様の笑顔づくり元気づくり、勇気を与える存在であり、販売だけではなく⼈の明るさを⽣み出すことが我々の使命。だからこそエイリンを必要としていただくことを忘れない。仕事とは⼈を元気にすること。そのために学び成⻑をしていく。

    ・⾃転⾞の利⽤を⾼めていく。環境も⼈もきれいになる。
    ・働く環境改善勤務体制の⾒直し

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

    産業と技術革新の基盤をつくろう

    燃料も環境も汚染しない乗り物を普及させていく。そのためのライフスタイルのかっこいいを発信。そして⾃転⾞整備技術を教育を通じて広め、掘り下げていく。整備技術に対してキャリアプランを積極的にすすめていく。

  • 人や国の不平等をなくそう

    人や国の不平等をなくそう

    社員の強みを強化していく。安⼼安全な場づくりができた組織インクルージョン組織を⽬指す。

  • 住み続けられるまちづくりを

    住み続けられるまちづくりを

    ⾃転⾞の活⽤をしやすい街づくりのために、市や府に積極的にかかわる。我々ができる経験や拠点を活かす。

  • つくる責任、つかう責任

    つくる責任、つかう責任

    責任を持ち整備技術を⾼めて安⼼安全な商品化を常に⾼めていく。常に技術を磨き、今まで再⽣できないものでも再⽣できるように研究を重ねる。活⽤できる地域を常に模索していく。あきらめない。全員が当事者の意識で仕事に向き合う。

  • 気候変動に具体的な対策を

    気候変動に具体的な対策を

    自転車の活用促進を積極的に行いCO2排出の削減にかかわる。企業へ自転車の移動手段を積極的に進める。社員の自転車通勤に評価を与えていく。

  • パートナーシップで目標を達成しよう

    パートナーシップで目標を達成しよう

    ・SDGSに共感している企業との定期的な情報交換、勉強、新規ビジネスの相談、ベンチマークによる逆提案
    ・ホームページからの発信、宣伝広告、広報活動