eirin

【2020年モデル】コスパ最優秀!乗りやすい初心者向けディスクロードの本命!FARNA DISC Tiagra が入荷!【KhodaaBloom(コーダーブルーム)】

店舗:今出川京大前店(別館)


-目次-
  1. モデル、価格、サイズについて
  2. ロードバイク”FARNA”シリーズとは?
  3. 快適性と安定感に優れた、高性能”All-NEW”アルミフレームセット
  4. 安定した制動力を発揮する油圧ディスクブレーキ
  5. コスパ優秀! 高品質なパーツチョイス
  6. 試乗してみた感想
  7. FARNA DISC Tiagraのまとめ

京都市左京区、京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども用自転車(キッズ・ジュニア)。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

 

ついに。ついに入荷しました! 昨年末にメーカーへオーダーして心待ちにすること早半年・・・。

”日本人が乗りやすいスポーツバイク制作”をコンセプトに掲げる日本ブランドKhodaaBloom(コーダブルーム)。

GIANTなどのビッグブランドに迫るコストパフォーマンスの良さで人気急上昇中の同ブランドの”完全新作”ディスクロード FARNA DISC Tiagra(ファーナ ディスク ティアグラ)が今出川京大前店別館にも入荷!

早速ご紹介していきます!


【2020年モデル】KhodaaBloom / FARNA DISC TIAGRA(コーダーブルーム / ファーナ ディスク ティアグラ)

販売価格:¥134,000(税抜)
サイズ(適応身長):430(155-170cm)、465(165-175cm)、500(170-190cm)
カラー:マットブラック
※掲載画像は465サイズのものになります。

▲目次に戻る

ロードバイク”FARNA”シリーズとは?

◆最新仕様をまとい、生まれ変わったエンデュランス系ロードバイク

”FARNA”シリーズは、もともとはKhodaaBloomのロードバイクに共通で付けられていたモデル名。

2020年からはロードバイクが全てリニューアル。レース向けの”STRAUSS(ストラウス)”シリーズとロングライド向けの”FARNA(ファーナ)”シリーズの2ラインに整理され、用途に合わせて選びやすくなりました。

今回ご紹介するFARNA DISC TIAGRA は、後者のロングライド向けのモデル。モデル名こそ旧来のFARNAのままですが、中身は別物。”人と競わず、長距離サイクリングをラクに快適に走ること”を重視したエンデュランスロードバイクに生まれ変わりました。(以前のモデルだと、FARNA 700 やFARNA SL2 が方向性が似ているバイクでしょうか)

なかでもFARNA DISC Tiagra は、扱いやすく、コスパも抜群の一台。

クセがなく非常に乗りやすいので、レース志向ではない方の1台目のロードバイクとしてオススメです!

▲目次に戻る


快適性と安定感に優れた、高性能”All-NEW”アルミフレームセット

◆フレーム&フォーク

自転車の基本、フレーム部分はアルミ製。

旧モデルのFARNA SLでも採用されていた製造技術”EAST-L”が投入され、軽量かつ高強度に仕上がっています。

”EAST-L”・・・トリプルバテッド(=三段階にパイプを薄くする軽量化加工)と スムーズウェルド(=溶接痕を研磨し外観・強度をブラッシュアップ)を施し高品質なアルミフレームを製造するブランド独自の技術。

 

ダウンチューブは、大口径の四角断面形状。ペダリングパワーをガッチリ受け止めて推進力に変える、剛性の高いつくりに。

同じく踏み込む力を受け止めるチェーンステー部分は、特徴的な平たくつぶした形状を採用。

某C社のSAVEチェーンステーと同じで、横剛性をキープしつつ縦方向の振動吸収性アップを狙った造りかと思われます。FARNA DISC TIAGRA のしなやかな乗り味は、このあたりも関係してそうですね~。

 

ヘッドチューブはリラックスしたポジションが作りやすい長めの形状。

下へ向かって径が広がるテーパー形状になっており、走行時のハンドリングの安定化に貢献。(特に下り坂)

コラムスペーサーも多めに入れてあり、ハンドル位置を高めの設定からスタートできるのは初心者に嬉しいポイント。

ワイヤー類はフル内装で、見た目スッキリ。

トップチューブから弓なりにカーブするトップチューブ。日本人の手足の長さに合わせて短めに設計されています。

溶接痕も丁寧に研磨されており、ルックスもGOOD。

 

フロントフォークはフルカーボン製で、タイヤからハンドルへ伝わる振動を吸収し、サイクリング時の疲労軽減に効果的。

 

◆フレームとタイヤのクリアランス

ディスクブレーキになって装着できるタイヤ幅が緩和されましたが、実際のところどれくらいの太さまでいけそうなのか? 皆さん気になるポイントだと思うので、簡単にチェックしてみました。

完成車付属25c(=25mm幅)タイヤをはいた状態。

当たり前ですが、まだ余裕がありますね。

こちらは同じメーカーのワンサイズ太い28c(=28mm幅)タイヤを装着してみた際の画像。

チェーンステー側のクリアランスがかなり詰まっていますが、まだOK.

見た感じとして、おそらく30cくらいのタイヤなら装着いけそうです。32cになると選ぶタイヤによっては入らない可能性も・・・。

あまり太くし過ぎても、ロードバイク本来のスピード感ある乗り味がぼやけてしまうので、クリアランス的にはちょうどいい塩梅ではないでしょうか。

▲目次に戻る


安定した制動力を発揮する油圧ディスクブレーキ

名前から分かる通り、FARNA DISC TIAGRA はブレーキに油圧ディスクブレーキを採用!

雨天でもブレーキの制動力が落ちづらく、しかも油圧式のため従来のリムブレーキよりも軽い力でブレーキを効かせることが可能になりました!

サイクリング(特に長距離の場合)の後半になればなるほど手~腕にかけて疲労がたまりブレーキや変速が疎かになりやすかったりしますが、油圧ディスクだと疲労感を大幅に軽減可能! ラクで安全にブレーキ操作ができちゃいます!

前後とも最新規格のフラットマウント&スルーアクスル仕様。

ブレーキキャリパーも安心の4700系のシマノTiagraで必要十分。

スルーアクスル化のおかげで末端部の剛性が高く、立ちこぎしてもディスクローターがブレーキが擦る心配もありません。

▲目次に戻る


コスパ優秀! 高品質なパーツチョイス

◆シマノTiagraで統一されたコンポーネント

コンポーネントは4700系のシマノTiagraで統一。

街乗り~ロングライドまで幅広く楽しめる2x10速仕様ですね。

STIレバーもTiagra。

2019年に発売されたばかりの油圧ディスクブレーキ対応タイプ。

画像は465サイズですが、430サイズの場合はショートリーチレバーを採用し、手も小さい方でも握りやすいように配慮されています。

※画像ではハンドルがむき出しですが、バーテープはちゃんと付属品あり。

 

◆回転の軽いオリジナルハブ採用ホイール

引き締まった印象を受けるオールブラックのホイール。

ハブ(ホイールの軸受け部分)はメーカーオリジナルのシールドベアリング採用モデル。

(某有名メーカーと同じ工場で生産しているといウワサの)ハブは精度が高く、転がりと耐久性も初心者向けロードとしては十分以上。

エントリーグレードの完成車によくあるコスト調整のための廉価なホイールではなく、フレームの性能を引き出せるものをはじめから装備しているのはかなり嬉しいポイント。

 

タイヤはコンチネンタル ウルトラスポーツ の25cを装備。

転がりが軽くスポーツバイクデビューにはちょうどいいくらいですね。

 

◆メーカーオリジナルのサドル

サドルはメーカーオリジナルのものを装備。

ルックスを邪魔しない非常にシンプルなデザイン。

▲目次に戻る


試乗してみた感想

◆踏めばしっかり”進む”、気楽に乗れるディスクロードバイク

ペダルを一漕ぎしてみて「おっ?」と思い、そのまま踏み込めばパワーを反映してグイグイ進む。

乗り心地を優先したエントリーグレードのロードバイクだと、加速時にもたつきがあったり30km/hオーバーの巡航がしんどいことがあるので、FARNA DISC TIAGRA にもそういった優しい乗り味をイメージして乗ってみたら、いい意味で裏切られました。

例えるなら、前モデルのFARNA SLとFARNA SL2の中間くらいの感じでしょうか。走行中の快適性はFARNA SL2寄りですが、同モデルほどペダリング時にバネ感はなく、踏んだパワーが素直にスピードに変わっていく感じはFARNA SLに近いですね~。30km/hオーバーでの巡航もぜんぜん楽にこなせます。スピードが伸びる感じはおそらくオリジナルハブ採用ホイールがいい仕事しているのではと。

また、カーボンフォークやチェーンステーが効果を発揮しているのか、体に伝わる振動はマイルド。アスファルトの継ぎ目などを走り抜けても突き上げ感は少ないのでサイクリングでの疲労軽減には十分な効果を期待できますね。

そして、走行性能・安全性を左右する油圧ディスクブレーキは、スンゴイ効きます。しかも軽い力で。

レバーの引きが軽いので、握力が弱い人はもちろん、それ以外の人でもロングライド後半に襲ってくる手の疲労感を大幅に軽減可能。

個人的には、油圧ディスクだと特に峠の下りでの安心感がぜんぜん違います。軽い力で確実に止まれるという安心感は、肉体だけでなく精神的な負担軽減にも効果的。ロードバイクの操縦テクニックが見についていない初心者にこそ恩恵は大きいと思いますね~。

▲目次に戻る


FARNA DISC Tiagra のまとめ

フルモデルチェンジした”日本人フィット”のエンデュランス系ディスクロード!

加速性と乗り心地のバランスに優れた、 軽量アルミフレーム&カーボンフォーク採用!

ロングライドでも疲れにくい快適性重視のフレーム設計!

軽いタッチと安定した制動力が魅力の油圧ディスクブレーキ!

シマノTiagraをフルスペック採用で税抜13万円台というコストパフォーマンスの高さ!

エンデュランス系バイクに生まれ変わったFARNAシリーズの、トレンドのディスクロードがFARNA DISC Tiagra。

 

FARNAシリーズだと、リムブレーキモデルのFARNA 105 ¥133,000(税抜)が価格がほぼ同じくらい(FARNA DISC Tiagraが¥1,000高い)なので、迷われる方もいるのではないかと思います。

・パーツカスタムがしたい/重量が軽い方がいい/11速仕様がいい ⇒ フル105採用で軽量なFARNA 105 がオススメ。

・ディスクブレーキが欲しい/重さは気にしない/操作はラクで安全が一番 ⇒ 油圧ディスクTiagra搭載で最新仕様のFARNA DISC Tiagra がオススメ。

・・・といった感じでしょうか。

 

コスパの優秀さで人気沸騰中のKhodaaBloomのラクで安全に乗れるディスクロード……これからサイクリングを楽しんでみたいと考えている方にはオススメです!

今出川京大前店別館ではFARNA DISC Tiagra を展示中(6/22現在)。

少しでも気になられた方はぜひ今出川京大前店別館までお問い合わせまたはご来店下さいませ。

お待ちしております!

▲目次に戻る


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆

●総額30,000円以上、月々支払3,000円~ご利用いただけます。インターネットからのお申込みもOK!詳しくはお問い合わせください。



ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。

\ この記事を書いた店舗 /

今出川京大前店(別館)

初めてのクロスバイク&ロードバイクや子供用自転車メイン店舗です!

今出川京大前店(別館)

京都市百万遍(東大路今出川)交差点より西へ200m南側に位置する「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」は、入門・日常使い・通勤・通学に適したスポーツタイプ(ロードバイク・クロスバイクなど)の自転車を中心に取り扱っています。 初めてスポーツバイクを買うにも専門知識が難しくて、よく解らないという方と一緒に悩める時間を大切にしたいと思い営業させていただいております。  

【主要取扱ブランド】GIANT(ジャイアント)KhodaaBloom(コーダブルーム)Cinelli(チネリ)RITEWAY(ライトウェイ)FELT(フェルト)GT Bicycles(ジーティー)MARIN BIKES(マリンバイクス)CENTURION(センチュリオン)GIOS(ジオス)FUJI(フジ)MASI(マジィ)LEZYNE(レザイン)ABUS(アブス)Knog(ノグ)NUTCASE(ナットケース)・・・etc

住所:
京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:
075-585-5750
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
不定休(年末年始・盆定休)

SHOP MAP

アクセスガイド

東大路今出川(百万遍)交差点より今出川通り沿いに西へ200m程進んだ南側
■周辺情報:「京都大学」「同志社大学」「同志社女子大学」「京都府立医大」「京都府立医大短期大学部」「京都造形芸術大学」など。

SHOP INFORMATION