エイリンBLOG

街乗り~ちょっとした山遊びまで!2019年モデルGIANT ATXのご紹介!!

皆様こんにちは

同志社大学近くで営業しています。サイクルショップエイリン同志社前店です。

 

さて、先日は「クロモリフレーム独特の乗り味がとても気持ちいい!!1台でいろんな使い方が出来るロードバイクFeather CX+」をご紹介しました。

グラベルライド~キャリアを付けたロングライドまで幅広く使える1台でしたが、

今回は街乗り~ダート走行までを幅広く使えるGIANTのマウンテンバイクをご注文いただいたのでご紹介します。

 


街乗りからグラベルまでオールラウンドに使える27.5インチMTB

2019年モデル GIANT ATX

メーカー:GIANT(ジャイアント)

カラー:ブラック

サイズ:455mm(適応身長170~185cm)

重量:14.7kg

変速段数:2×7Speed

メーカー定価:¥54,000(税抜) ⇒ 当店販売価格:¥48,600(税抜)

 

GIANTといえば世界最大のスポーツ自転車メーカーであり、それゆえの品質・コストパフォーマンスの高さで有名です。

日本では定番クロスバイクであるESCAPEシリーズ(税抜定価¥52,000~)が人気ですが、「同価格帯でグラベルサイクリングやちょっとした山遊びも楽しみたい」といった方には今回ご紹介のATXもオススメできます!

 


軽量アルミフレームとサスペンションフォーク

◆軽さくて丈夫&ワイヤー内装式フレーム◆

 

フレーム素材はGIANTオリジナルのALUXXグレードのアルミフレームが採用されており、6061アルミをバテット成型(強度が必要な部分は厚く、それ以外の部分は薄く)してあるので強度を落とすことなく軽量に作られています。

 

また、前後シフトワイヤーと後ブレーキワイヤーはフレーム内装式となっています。

見た目スッキリ&ダートでのトラブル予防にもなります◎

 

◆路面からの衝撃を吸収するサスペンションフォーク◆

トラベル量100mmのサスペンションが付いています。

路面からの衝撃を吸収してくれるので悪路走行も安定して行えます。

また、京都の街中はバス等が頻繁に通行するためか意外と路面状態が悪く段差が多いので、街乗りでも恩恵がありそうです◎

 


ハードな路面状況でも安定して効いてくれるディスクブレーキ

◆ダートはもちろん街乗りでもメリットが多いディスクブレーキ◆

 

ATXのブレーキには前後ともディスクブレーキが採用されています。

昔ながらのMTBについているリムブレーキ(ゴムパッドで車輪外周部分を挟んで止めるタイプ)では、ブレーキと車輪の間に砂利や雪が噛みこむと全く効かなくなり怖い思いをすることもあります。

ディスクブレーキだとブレーキ自体が車輪外周部ではなく 車輪中央付近についているので、そもそも砂利等を挟み込みにくく、また泥などが付着しても制動力が落ちにくいです。

そのような特徴から、雨の日でも制動力がしっかりしているので通勤通学等で天候問わず乗られる方にも安心です。

 


変速は3×7=21Speed

◆普段使いでは必要十分な21段変速◆

 

変速周りはシマノのTourneyグレードのものがメインで採用されており、前3段・後7段の21段変速となっています。

Tourneyはシマノの変速機の中ではエントリーグレードに位置するものですが、さすがシマノ製だけあって変速性能や補修部品の供給などは上位グレードに引けを取りません。

最小ギア比(ペダルを1回転するときに後輪が何回転するか)は0.75となっているので、少しハードな上り坂でも難なく登れてしまいます。

 


幅広い路面に対応する27.5インチセミブロックタイヤ

◆舗装路からダートまで対応可能なタイヤ◆

 

タイヤサイズは27.5インチで走破性とコントロール性のバランスが良く 、現在のMTBでは主流となっているサイズです。

幅も2.1インチ(実測で52mm)あるので、ダート走行でも安心感があります。

タイヤパターンはセミブロックとなっており、舗装路での走行抵抗を減らしつつも悪路でのグリップを確保できるパターンとなっています。

※フレームサイズ405mm(適応身長155~165cm)のみタイヤサイズが26インチとなっています。

 


街乗りには嬉しい!サイドスタンドが付属!

◆見た目もスッキリ純正スタンド◆

フレームにしっかり固定できる純正のサイドスタンドが付属してきます。

スタンドが別売りの場合は2500円~の費用が掛かってきますので、浮いた分の予算をカギやライトなどのパーツに回していただけると、より良い物を買っていただけます◎

 


GIANT ATXのまとめ

軽量アルミフレームとサスペンションフォークを採用したマウンテンバイクがクロスバイクと同程度の価格で購入できるのはさすがGIANTだと感じます。

もちろんロングライドや高速走行には向いていない自転車です。ただ、予算を抑えつつも京都の市街地と山が近いという立地を活かした遊びを始めるにはちょうどいい自転車ではないでしょうか。

今回はお客様のご注文品でしたので店頭に展示品はございませんが、他カラー・サイズも含めてお取り寄せ可能なので気になった方はエイリン同志社前店までお問い合わせください。

スタッフがあなたに合った自転車を提案させていただきます!!

 

ではでは~~。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。