エイリンBLOG

【値下げSALE】税抜10万円以内でShimano105組みのアルミロードバイクが買えちゃいます。

本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」 です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども車(キッズ・ジュニア)や電動アシスト自転車。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

 

今回ご紹介の自転車は、Shimano 105組みのアルミロードバイク「2018.BASSO MONZA」のセール情報です!


2018.BASSO MONZA(バッソ モンツァ)

メーカー希望価格:¥158,000(税抜)
エイリンSALE価格:¥99,800(税抜)※ペダル別売り

 

 

トリプルバテッド成型アルミフレーム採用で軽量モデル

まずは、フレームのご紹介。

パイプはトリプルバテッド成型が採用された、アルミフレームとなります。

他メーカーアルミロードバイクと比べ、パイプ形状はシンプルなつくりをしており、ピュアレースの様なパフォーマンスというわけではないですが、

細身のパイプでありながら、トリプルバテッド成型による軽量化やパイプの長さを調節するジオメトリーから、日常使いからサイクリング・ファンライドイベントなどにも十分に活躍してくれるフレームです。

日常使いライダーの私としては、申分無いなわけです(笑)

 

フロントフォークにはアルミコラムのカーボンフォークが採用されています。

 

コラム長には余力を持たせており、レーシーな前傾姿勢から、ロングライド用にアップライドな姿勢への調整も可能。

 

 

Shimano 105組み付け

コンポはShimano 105(5800系)が採用されています。

今となっていは、新105が発表されてしまいましたが、レースシーン以外での活用であれば、5800系の105は素晴らしい貢献をしてくれるはず!

また、嬉しいのが、クランクやキャリパーブレーキまでも105が採用されています。通常同クラスのロードバイクであれば、クランクやキャリパーブレーキはコストダウンの為ランク下を採用されがち。

 

 

BASSO MONZA まとめ

細見のパイプ形状から、シンプルでどことなくクラシックな印象のあるMONZA。

性能は、オールラウンドに走ってくれるロードバイクとして、初めてのロードバイクには申し分なし。

 

ホイールベースがレースバイクの様に短く設計されているので、シャープに走れ、コラムに余力があるので慣れないドロップハンドルも扱いやすい。

 

トリプルバテッド成型のアルミフレームで旧型とは言えShimano 105組み付けのロードバイクが、99800円(税抜)は、かなりコストパフォーマンスに優れていると実感しています!!

 

初めてのロードバイクがShimano 105組みっていうのは、かなり嬉しいポイントです。

 

 

 

2018.BASSO MONZA(バッソ モンツァ)をサイクルショップエイリン今出川京大前店別館は展示していますので、試乗しにご来店くださーい。

 

 

サイクルショップeirin京大前店別館
(エントリースポーツ・電動アシスト自転車・キッズバイク専門館)

京都市左京区田中関田町2-7鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:075-585-5750
営業時間:10:00~20:00
定休日:年末年始・お盆

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。

サイクルショップ エイリン今出川京大前店(本館&別館)

今出川京大前店(本館&別館)
住所
【本館】京都市左京区田中関田町28-4
【別館】京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL
【本館】075-752-0292
【別館】075-585-5750
営業時間
10:00-20:00
定休日
年中無休(盆・年末年始を除く)