エイリンBLOG

fi'zi:k ARIONE CX.

本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

爆発的に売れたサドル、fi’zi:k ARIONE CX です。  

誠に残念ながら今期廃盤となってしまったコチラのモデル。

  

KIUMレールのCXですが205gと比較的軽量で、シクロクロスなどハードな乗り方をされる方に更にオススメです。  

K:iumレールは、高い割合でシリコンとクロムを含む新しい合金レールで、チタンやカーボン素材と同様に重量比強度に優れたマテリアルで、チタン合金に近い剛性を持ち8%もの重量削減に成功しています。そして配合されたクロムにより美しい輝きを得て耐腐食性をアップさせています。

fi’zi:kのスタンダード品質と性能を得るために、チューブラー・K:iumレールは長さに見合った厚みを持つ信頼性の高い中空構造になっています。この新しい素材をサドル・レールに用いるために曲げ工程や装置も新しいものに変更されました。その結果、K:iumレールは、ストレス・テストにおいて標準的なチタン・チューブラー・レールをはるかに超える性能を示し、美しい輝きを持ち耐腐食性の高い、軽くて強いサドル・レールとして発表されました。

上位モデルにはカーボンレールやカーボンレールでベースもカーボンのラインナップもありCXよりも軽量なんですが…。  

  

むしろ、こちらはパッドが上位モデルよりも若干厚い気がするので  

初心者の方にもよろしいかとおもいます。  

  

まとまりの良いカラー、モダンなデザインはフィジークならではだとおもいます。  

私事ですが他メーカーの似たような形状のサドルを幾つか使いましたが、結局これに戻ってきてます。  

ロングライドに出かけると登りもあれば下りもあります。長い下りもあります。  

長い登りではハンドルフラット部分を握って少しサドル後方に座って軽いギヤ回したり…  

腰を後方にひきたい高速な下り坂なんかには座面がフラットな方が  

スムーズに前後移動が可能で、お尻が引っかからないので具合が良いです。  

また、平地でちょびっとスプリントかけたい時(下ハンドル握って、背中をきゅっとアーチ状に丸めて  

ややサドル前方に位置してギヤかけて)なんかにもこの長さが生きてきます。  

中庸で使い勝手の良いサドルです。  

フィジークサドルはすべて、『Hand made in Italy』。ホチキスを使った粗雑なつくりと対極を成す、熟練した職人達によるハンドメイド。非常に丁寧な作り。

定価¥14900¥14190です。  

お試しあれ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

通信販売 webstore ↓

↓買取↓

↓ facebook ↓

↓ twitter ↓

↓FLICKR↓

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

株式会社エイリン サイクルショップEIRIN 丸太町店

店舗marutamachi@cycle-eirin.com

■所在地 :〒602-0878 京都市上京区丸太町河原町西入る高島町338-2

■電  話:075-231-3598

■F A X:075-231-3598

■MAIL:marutamachi@cycle-eirin.com

■営業時間:AM10:00~PM9:00 *日曜日のみPM0:00~PM9:00スポーツ車高価買取実施中

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆