エイリンBLOG

2017年モデルも在庫限り!毎年人気のBianchi(ビアンキ) ROMA4(ローマ4)

2017年09月24日 | 御池店 , 2017モデル
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは

中京区で営業中のサイクルショップエイリン御池店です。

 

先日ついにバス用の釣り具一式を買い、琵琶湖まで行ってきました。

ロッドは自転車に詰めないので始発の電車で、眠い目をこすりながら。

釣果!何とか話のネタになるサイズを釣り上げました!新しい趣味です。

 

 

さあ今日ご紹介する自転車、お探しのお客様もいらっしゃるのではないでしょうか!

メーカー完売モデル、そして次年度モデルの入荷は年明けということで、これを逃すとしばらく先ですよん。

 

 

 

 

2017年モデルBianchi(ビアンキ) ROMA4(ローマ4)

販売価格¥70,000(税抜)

カラー:Matto Black

フレームサイズ:50

 

 

いやぁ出てきましたよ。毎年恒例の定番クロスバイクのローマ、その末弟。

ビアンキといえばチェレステ、チェレステといえばビアンキというように、車体に入る淡いグリーンが特徴。

しかも2017年モデルが無くなった今思えば、今年は特にこのチェレステ好きからのお問合せが多かった印象。

中々この色感の表現はむつかしいのですが、それを放棄して毎年京都市バス色と言ってしまう。笑

反省しつつ、ご紹介していきまーす。

 


踏めば走る!そしてスタイリッシュ!絶妙なジオメトリのフレーム。

直線的なチューブを多用したこのフレーム、乗り味はスポーティ過ぎず、まったり乗り過ぎずの絶妙な乗り味に設計されています。

リアセンター長は435㎜と市街地でよく見る快適系クロスバイクよりも若干短く、そしてサクサクとした踏み感が魅力のGIANT ESCAPEシリーズよりは長め。

踏み込みに対してのダイレクト感を残しながらも安定性快適性を維持したいい塩梅。

ちなみに独特の形状のヘッドチューブも同様で上体の落とし方が非常に自然に収まる印象。

ヘッドチューブのこの形、上品でとてもいいですねぇ。

上下異径のテーパーヘッドはコーナリングの安定感を高めてくれるので嬉しいもんです。

とはいえそんなにガチガチのスポーティなモデルではなく、街中をサラッと走るのにはぴったりのデザイン感も魅力的。

 

 

細かいところにもビアンキスピリッツ。

このタイヤ珍しいですね。

WTBさんのThickslickを採用しているクロスバイクは世の中にあれど、なんとそれがチェレステカラーロゴになっているとは恐れ入りました。

表面はとてもつるっとしていて転がり抵抗が少なく加速しやすい。

それでいて路面と接触するトップ部分にはある程度の厚みを持たせていて耐パンク性もGood。

オンロードを滑らかに走るタイヤで個人的にもおススメポイント高め。

チェレステカラーでこそありませんが、当店でも常時在庫しとります。

そして例によって例の如く、ブレーキ・シフトアウターワイヤーにはチェレステのライン入りです。

これが凄く洒落てます。

 

 

 

クランクまでしっかりのShimano製。ブレーキはかっちりTektro RX6

大体言い切ってしまいましたが。

そうですね、ブレーキキャリパー以外は基本Shimanoで統一されています。

クランクまでしっかりとShimanoさんのものを採用しているので混合モデルに比べるとドライブに雑味が少なく、滑らかな印象。

ブレーキ自体はTektroのRX6。コストを抑えきるでもなくある程度のカチッ感を残したタッチが気持ちいいキャリパーです。

ここで手を抜かないのがビアンキなんですよねー。

 

 

 


 

 

さぁ、いかがでしたでしょうか。

既にメーカー完売となっている当モデルですが、このブラックカラーは社内最後の1台!

スポーティ過ぎず、サラッと街中を走るのにもぴったりのビアンキ ROMA4

在庫のお問合せはページ下部よりお早めにー

 

 

住所:京都市中京区西洞院通押小路下ル押西洞院町 590-5 ライフプラザ烏丸御池1階東
TEL&FAX:075-256-5800
営業時間:10:00-20:00
定休日:年中無休(盆・年末年始を除く)