エイリンBLOG

グラベルからシティライドまでこれ1台!CROSSFIRE(クロスファイア)2000

2017年09月30日 | 御池店 , 2017モデル
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは

中京区で営業中のサイクルショップエイリン御池店です。

 

 

 

ここ数日は秋が深まる一方で、日中もそこそこ涼しく過ごしやすい季節になりましたなぁ。

体を動かしたり自転車を楽しんだりするには最高の気候です!

 

 

今日はそんな最高の季節に、つい遠くまで出かけたくなるような全天候型・万能スポーツ車の紹介です。

ベースはシクロクロスのエントリーモデルながらそれこそ林道ツーリングからサイクリング、ポタリング、通勤、通学などの街乗りまで幅広く使える、頼れる相棒ですよ。

 

しかも!

メーカー定価(税抜)120,000円→エイリン・アウトレット販売価格(税抜)96,000円と、大変お買い得になっています。

残り数少ない2017年モデルだからこそのご奉仕価格!早い者勝ち、この指とまれ~!

 

では、本日の逸品のポイントなどを紹介していきますね。

 

 

2017年モデル CENTURION (センチュリオン) CROSSFIRE 2000(クロスファイア2000)

メーカー希望小売価格¥120,0000(税抜)

店頭在庫価格¥96,000(税抜)

 

フレームサイズ:530(適応身長:170-180cm)

カラー:アンスラサイト

 

 

 

CENTURION(センチュリオン)--。

-ん?

どこのメーカー?あまり聞いたことない?

確かにメジャーなG社などと比べると日本での知名度は低いかもですね…

それでも言い換えればその分、乗っている人が少ない!

他のライダーとは差がつく、通好みでレアなブランドと言えますよ。

実はドイツのメーカーなんですが、その創業は1976年創業と老舗。

そして、スポーツ自転車の業界ではこれまでいくつもの賞を得てきた名門メーカーでもあります。

特にデザインと開発力には定評があり、「洗練された機能美こそ真に美しい」をモットーとするドイツらしいメーカーです。

2000年からは世界トップクラスメーカーのMERIDAと技術開発・マーケッティング部門での協力体制を確立しました。

良いものには妥協をしない、とっても芯のあるストイックなメーカーさんという印象です。

 


かっちり走れて快適さも忘れない。ドイツらしい質実剛健のハイクオリティフレーム

軽量6061アルミのフレームは上位モデル譲りの高剛性がポイント。

太めのダウンチューブはBBに向かって扁平加工されており、シートチューブもBB近辺で扁平になっていきます。

これがペダリング時のBB周りの捻じれやたわみを抑え、ライダーのパワーを推進力に変えてくれる秘訣!

また、ヘッド上下の径が異なる太めの「テーパーヘッド」とアルミフォークの組み合わせでハンドリングもしっかりとして安定感がありますよ。

一方、トップチューブはシートポストに向かって扁平加工され、縦方向にしなりやすくすることで適度に路面の衝撃をいなしてくれる工夫が見られます。

 

 

SHIMANO製のTIAGRA搭載、登りも楽ちんのギア構成

STIレバー、クランク、変速系のコンポはシマノのTIAGRA 4700系で統一。

モデルチェンジされ、さらに使いやすくなったと評判ですが、個人的にはSTIレバーが特に握りやすく、ブレーキタッチも良い感じになったという印象。

ちなみにクランクはフロント50/34Tのコンパクトタイプでリアは11-32Tのワイドなギア構成。

軽いギア比で急な上り坂も比較的楽に登れるのが特徴ですし、エントリーライダーには最適のコンポではなかろうか!

 

 

ディスクブレーキと32Cタイヤで安心安全の全天候型

ブレーキ系は、前後TRPのメカニカル(ワイヤー引き)ディスクブレーキ「SPYRE」を採用!

これがまた「制動力が高く雨や泥の影響を受けにくいので、色々なシチュエーションで安心して乗れますよー」という普通のディスクブレーキの説明だけではありません。

SPYREはデュアルピストン式。

通常は油圧ディスクブレーキで採用されている構造で、ブレーキ内部のパッドが左右両面から均等にブレーキをかける構造になっています。

タッチが軽めで、パッドの片減りも少ない良いブレーキを使っているんですよ。

また、タイヤは700×32Cの太さでクロスバイク並みに軽快に走れます。

舗装路から林道などのオフロードまで安全に走行でき、まさに全天候、道を選ばず万能に使える仕様ですね。

 

 

 

フロント&リアのダボ穴と補助ブレーキ付き。まったり自転車旅行にもGood!

フロントフォークやリアのシートステーには、ダボ穴が付いています。

ドロヨケやキャリアも付けやすく、好みのカスタム次第でツーリングや通勤用途にもバッチリ使えますね。

また、STIレバーとは別に補助ブレーキが付いているのもポイント!

エントリーモデルとして嬉しい配慮ですね。ドロップハンドルで長距離走行時には、ちょっと疲れたからフラットハンドル部分に握り替えることも多いと思います。そんな時に安心して使えるのが補助ブレーキですね。ツーリングでのんびり走りたい方にも最適じゃないでしょうか。

 

 


さ、いかがでしたでしょうか。

今日ご紹介したCROSSFIRE 2000は、現品限りなので、売り切れたらごめんなさいの1台限り。

さ、急いで~!

 

 

記事を通してこの自転車に興味を持ってもらえたら、是非ページ下部よりお早目にお問合せください!

 

 

 

 

 

住所:京都市中京区西洞院通押小路下ル押西洞院町 590-5 ライフプラザ烏丸御池1階東
TEL&FAX:075-256-5800
営業時間:10:00-20:00
定休日:年中無休(盆・年末年始を除く)