エイリンBLOG

2017年モデル KOGA KIMERAシリーズ

2016年09月09日 | 御池店 , 新商品 , 2017モデル
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

IMG_0398

こんにちは。
今日は展示会行ってきましたブログを書きます。
御池店のFujiiです。
うーんやっぱり新年度モデルが一堂に会する新作展示会はいいですねぇ。
鉄はアツいうちに叩け、ということで早速。
まず今日はこのメーカー。

2017年度モデル KOGA(コガ)

 

オランダを代表する自転車メーカー、KOGAです。
設立は1974年。
1970年代はキャノンデール(71’)ジャイアント(72’)スペシャライズド(74’)など、名だたる自転車メーカー創立の時代であり、このKOGAも「イタリア車に負けない良い自転車を作りたい」という強い職人気質を持った同世代のメーカーです。
日本においてはミヤタ自転車との協力関係や、オランダレースチームスキルシマノのスポンサーなどでその名前を聞いたことがある方も少なくはないハズ。
よく「日本のメーカー?」と聞かれますが、オランダのメーカーさんなのです。

 

全車種ご紹介したいところではありますが、やはり2017年度モデルの中でも特に気になった、個人的に琴線に触れた車種をピックアップしてご紹介します。

拙い文章ではありますが、少しでもその良さを感じてもらえたら幸いです。

 


 

KIMERA ROAD

IMG_0425 IMG_0424 IMG_0423 IMG_0418

Kogaが誇るピュアレーシングモデルです。
よく言われるフレームの特徴はとにかく高い剛性ですが、もちろんそれだけのフレームじゃありません。

 

まず特筆すべきは若干長めにとられた扁平なトップチューブ
上体も使ってしっかりと前傾姿勢をとることでしっかりとした踏みこみが出来る上に、積極的なしなりにより路面からの衝撃を緩和。また完成車のシートポストはオフセットしており、その快適性に一役買っています。
もちろんリーチが遠いと感じる場合はオフセットなしのシートポストに変更するだけでも十分日本人の体格に対応していると言えるでしょう。

 

さらにダイレクトマウントブレーキを採用しているシートステー。
シートステーでのブレーキマウントを廃し、本来踏み込みに対して剛性が求められるBB周辺にブレーキを配置することでブレーキング性能が向上。設計の自由度も増え、しなりを生むシートステー構造にすることで軽量化、衝撃吸収性が向上というとても理に適っているフレームワークだなぁと納得させられます。

 

ラインナップは以下の通り。

 

 

KIMERA Road PRO
フレームセット¥399,800(税別)

IMG_0418

フレームセット重量822gの最上級軽量モデルです。

 

KIMERA Road PREMIUM
フレームセット¥269,800(税別)/ ULTEGRA仕様完成車¥399,800(税別)

IMG_0419

フレームセット重量997gの実践仕様なフレームですね。
ラインナップ上ではセカンドグレードに当たりますが、上位グレードのPROと同レベルの剛性に加え耐久性と快適性が付加されており、実際にオランダの若手養成機関であるSEG Racing AcademyではこのプレミアムフレームにULTEGRAをメインコンポとして搭載し、使用しているとのこと。

 

 

KIMERA Road PRESTIGE
フレームセット¥209,800(税別)/ULTEGRA仕様完成車¥359,800(税別)/105仕様完成車¥289,800(税別)

IMG_0422 IMG_0421 IMG_0420

 

フレームセット重量1085g。
剛性と快適性を維持したままの、様々なシーンで使いやすいマルチなフレームです。

 

個人的に事前情報で最も注目していたのは105仕様完成車のトリコロールカラーフレーム。

IMG_0398

リオオリンピックでも活躍されたオランダのRachel klamerモデルカラーのトップチューブ上にあった選手名をKIMERAロゴに変えたフレームカラー。
真っ先に写真撮りに行ったのがこの1台でした。
また、2017年モデルはその中、PREMIUMモデルにディスク仕様のフレームセットも。

KIMERA Road PREMIUM Disc
フレームセット¥299,800(税別)

IMG_0414 IMG_0416 IMG_0417 IMG_0415

こちらは完成車の写真ですが実際の販売はフレームセットでのものになります。

前後共に今後スタンダードになるであろうスルーアクスルを搭載

 

 


 

 

KIMERA AL

IMG_0403 IMG_0401 IMG_0400 IMG_0410
エントリー向けのロードバイクとしてそのキメラシリーズの遺伝子を色濃く継いだアルミシリーズ、この佇まいから漂う只者ではなさですよ。
それもそのはず、オランダ本国ではアルテグラ完成車として供給されているモデル日本モデルとしてTIAGRA/SORAで発売。
そのフレームのしなやかさ、スムースさはこれからのアップグレードも前提としたライダーにぴったりの1台です。
フレームは複雑なハイドロフォーミングでのチュービングと、溶接部を丁寧に処理したスムースウェルド。スタートから一気に加速し、軽々とトップスピードを維持。
トップチューブ、ダウンチューブは爪で弾けば気持ちいい音が響き、その薄さ軽さに驚く一方で、つぶしの効いたチェーンステーはペダリングをロスなくドライブに繋げ、サイクリングやレーシングなどの様々なシチュエーションでパフォーマンスを最大限に発揮してくれます。

 

KIMERA AL TIAGRA

¥154,800(税別)

IMG_0412

IMG_0413

TIAGRAなめんな!と言わんばかりの驚くほど軽いブレーキタッチとペダリング
目を引くコブラカラーも所有欲くすぐります。

ホイールは左右非対称リム採用モデルのShimano WH-RS010。
こちらは現在2016年モデルが1台店頭在庫あり

IMG_0470-1024x768 (2)

 

≪店頭在庫車の詳細はこちらのブログで≫

 

 

 

KIMERA AL SORA

¥134,800(税別)

IMG_0409 IMG_0399

IMG_0407 IMG_0406 IMG_0405 IMG_0404

 

新しいSORAを搭載したこのモデル

フレームグラフィックも一新しとにかく格好いいの一言。先のプレステージ105仕様に次いで事前注目度No,2。
なかなかないこのカラーリング。マットな渋いグレー鮮やかなオレンジ/ブルー
フレーム性能が極限まで良いだけにこのカラーリングで決めちゃうのも背中を押せちゃいます。

 


 

 

本当に展示会で感じたのが全車種めちゃんこ格好いいんですよ。
もちろん個人のセンスによるところではありますが、かくいう僕はグラフィックに一目ぼれしてKOGAに乗っています。
格好良く、そしてそれに抜群の性能が伴う、どのモデルを選んでもこれから先が楽しみという文句なしのラインナップ。
気になった方、是非お問い合わせください!

 

住所:京都市中京区西洞院通押小路下ル押西洞院町 590-5 ライフプラザ烏丸御池1階東
TEL&FAX:075-256-5800
営業時間:10:00-20:00
定休日:年中無休(盆・年末年始を除く)

Tags:

サイクルショップ エイリン御池店

御池店
住所
京都市中京区西洞院通押小路下ル押西洞院町 590-5 ライフプラザ烏丸御池1階東
TEL
075-256-5800
営業時間
10:00-20:00
定休日
年中無休(盆・年末年始を除く)