eirin

【速報】2022年モデルのGIANT ESCAPE R(ジャイアント/エスケープR)シリーズ(R3 / R DISC)の主要車種がついに発表!

店舗:今出川京大前店(別館)

-目次-
  1. 「2022年モデル”ESCAPE R”シリーズの注目ポイント」
  2. 「ESCAPE Rシリーズの各モデル基本情報」
  3. 「ESCAPE Rシリーズのまとめ」

京都市左京区、京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども用自転車(キッズ・ジュニア)。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

ジャイアントロゴ

大人気のビッグブランド GIANT(ジャイアント)の最新2022年モデルの情報を速報でお届け!

今回はクロスバイクの代名詞的存在”ESCAPE R”シリーズの最新モデルが情報解禁されたのでご紹介していきます!

”フレーム設計の変更”、”コンポーネント別の2モデル販売”などなど、注目ポイント満載ですのでさっそく見ていきましょう~!

 

\エイリンオフィシャルYouTubeチャンネルでも2022.ESCAPE Rシリーズ速報をご紹介中/

 


2022年モデル”ESCAPE R”シリーズの注目ポイント

発売以来モデルチェンジを繰り返し、初心者でも乗りやすく・スポーツバイクのスピード感を十分楽しめるコスパ優秀なクロスバイクの地位を不動のものにしているESCAPE Rシリーズ。

近年では2020年モデルで油圧ディスクブレーキモデルが登場し話題となりましたが、2022年モデルでも大きな変更が加わりました。

 

ポイント①「ラインナップが変速機パーツで分かれた2モデル体制に」

5月中旬ごろに先行発表された台湾のマイクロシフト(以下MS)製パーツ採用した「ESCAPE R3 MS」「ESCAPE R DISC MS」「ESCAPE R3 W MS」の3モデルに加え、今回は新たにシマノ製パーツ採用モデルが発表されました!

追加発表されたのは「ESCAPE R3 」「ESCAPE R DISC 」「ESCAPE R3 W」「ESCAPE R W DISC」の4モデル。

・・・・・・MSモデルが先に発表されたため少しややこしいですが、実際は2021年モデルのラインナップ+MS採用モデルという形ですね。(フレーム設計や価格など2021年モデルとは相違点あり。詳しくは後述)

シマノ採用モデルは2021年モデルと同じパーツ構成。

MS採用モデルは、シマノ採用モデルをベースに変速機パーツ類がMS製に変更されています。

※ESCAPE R DISC MSのみリアディレーラーはシマノ製採用のため注意。

この変更は、コロナウイルスの影響でシマノ製パーツの入手が難しくなっている現状が反映されたものかと思われます。

コロナウイルスの影響で自転車のパーツ供給不足に陥っている現状でも、製品を安定供給するために変速機のバリエーションを持たせた形ですね。

 

▲目次に戻る

ポイント②「シマノ採用モデルとMS採用モデルの販売価格」

2022年モデルの販売価格は以下の通り。

・MS採用モデル⇒前年の各モデルと同価格

・シマノ採用モデル⇒前年の価格+¥4000の販売価格

コロナウイルスの影響によるパーツ供給不足について先に触れましたが、パーツのみならず製造の原材料費や輸送費の高騰しており、それが価格に反映されたという事でしょう。

MSの変速機の方が安価なのは事実ですが、スポーツバイク初心者の方が乗り始めて不満を感じるレベルの違いがあるかというと微妙なところ。予算を抑えたい方にはアリだと思います。

変速性能や変速時のフィーリングにこだわっていきたい方はシマノ採用モデルを選んだ方が満足度が高いのではないでしょうか。

実質的な値上げになったためGIANTの”コストパフォーマンスの良さ”は低下してしまいましたが、おそらく各スポーツバイクブランドも値上げorスペック変更が予想されるので、相対的に見るとプラスマイナスゼロになっていくかもしれません。

価格に良し悪しを判断するなら各ブランドの2022年モデルが出揃ってから、といった感じですね~。

 

▲目次に戻る

ポイント③「フレーム設計の変更(MS変速機への最適化)」

エスケープR3フレーム

ESCAPE RシリーズはGIANT独自の”ALUXX”アルミフレームを採用し、スポーツバイク特有の乗った軽さや加速感を手軽に味わえるのが特徴。普段使い~軽いサイクリングが楽しいバイクですね。

 

2022年モデルのESCAPE Rシリーズは、フレームの設計寸法(ジオメトリ)が変更されました。

変更の理由は、MS製のフロントディレイラー(変速機)を取り付け可能にし、なおかつ乗り味のバランスをとるためだと思われます。

変更があったのは以下の通り。

 

・リアセンターが延長

リアセンター(=クランク軸~後輪中心軸までの寸法)が5mm長くなりました。

MS製のフロントディレイラーを車体に取り付けた場合、シマノ製に比べてやや後寄りに位置するため、変速機とタイヤのクリアランスに余裕を持たせるための策ですね。

画像を見る限り、初期付属の700x30cタイヤなら5mm伸ばさなくても擦らないと思いますが、あとでユーザーが太いタイヤに交換した場合のクリアランスを想定しての配慮でしょう。

また、リアセンターは走行時の安定性に関わる寸法なので、5mm延びた結果、

・走行時の直進時のフラつきにくさがやや上がり、代わりにコーナリングがややモタつく

・乗り心地がやや良くなるが、反応性・加速性がやや落ちる。

・・・・・・といった変化が見込まれます。このままだとESCAPE Rシリーズのもつ乗り味が変わってしまうため、次のBB位置の調整もしたのでしょう。

 

・BBが高い位置へ変更

BB位置(クランク軸の中心位置)は3mm高くなりました。これはリアセンターを伸ばした影響を吸収するための施策でしょう。

BB位置が高い=乗車時の重心位置アップに繋がるので、

・走行時にややフラつきやすくなる。

・ペダルを踏み込んだ時の反応性・加速性がやや良くなる。

・・・・・・といった変化が見込まれます。ちょうどリアセンター延長の効果を打ち消しあう形となり、乗り味を設計変更前に近づけることを狙ったと思われますね

また、今回のESCAPE Rシリーズに限定のことですが、BB位置が変わったことでサドル位置が数ミリ前へ出た結果、前モデルよりもやや前乗り気味になっています。ポジション調整時にはご注意を。

 

・その他(前輪脱落防止機構が新採用)

数年前に前輪の固定方式がクイックリリースからスキュワータイプに変わって以降、締め込み不足が原因で脱輪するトラブルがあったため、2022年モデルから脱輪防止のための機能が追加されました。

万が一のセーフティ機能ですが、あると安心出来ますね~。

 

▲目次に戻る

ESCAPE Rシリーズの各モデル基本情報

◇ ESCAPE R DISC / ESCAPE R DISC MS(エスケープ R ディスク/ エスケープ R ディスク MS)【GIANT 2022年モデル】


・ブルー・ダークシルバー


・マットダークシルバー

・フォレストグリーン

メーカー希望価格:R DISC(シマノ) :¥71,500(税込) / MS (マイクロシフト):¥67,100(税込)
エイリン販売価格:R DISC (シマノ) :¥67,925(税込) / MS (マイクロシフト):¥63,745(税込)
サイズ:XXS(140~160cm)/XS(155〜170cm)/S(160〜175cm)/M (170〜185cm)の4サイズ展開
カラー:全3色(ブルー・ダークシルバー/フォレストグリーン/マットダークシルバー)※2021年モデルと同色

※画像はMSモデルのものです。また、実際の商品とは細部が異なる可能性がございますので、ご注意下さい。

 

 

◇ ESCAPE R3 / ESCAPE R3 MS(エスケープ R3 / エスケープ R3 MS)【GIANT 2022年モデル】


・サンバーストイエロー


・ブラックトーン

・ブルー

・レッドオレンジ

・ホワイト

メーカー希望価格:R3(シマノ) :¥61,600(税込) / MS (マイクロシフト):¥57,200(税込)
エイリン販売価格:R3 (シマノ) :¥58,520(税込) / MS (マイクロシフト):¥54,340(税込)
サイズ:XXS(140~160cm)/XS(155〜170cm)/S(160〜175cm)/M (170〜185cm)の4サイズ展開
カラー:全5色(ブルー/ブラックトーン/レッドオレンジ/サンバーストイエロー/ホワイト)※2021年モデルと同色

※画像はMSモデルのものです。また、実際の商品とは細部が異なる可能性がございますので、ご注意下さい。

 

◇ ESCAPE R W DISC(エスケープ R W ディスク)【Liv 2022年モデル】


・フォレストグリーン


・マットチャコール

・パールホワイト

メーカー希望価格:¥71,500(税込)
エイリン販売価格:¥67,925(税込)
サイズ:XXS(140~160cm)/XS(155〜170cm)/S(160〜175cm)の3サイズ展開
カラー:全3色(フォレストグリーン/マットチャコール/パールホワイト) ※2021年モデルと同色

※「ESCAPE R W DISC」はシマノモデルのみ。

 

◇ ESCAPE R3 W / ESCAPE R3 W MS(エスケープ R3 W / エスケープ R3 W MS)【Liv 2022年モデル】

 


・ブラウン


・クラシックブルー

・パールホワイト

・ミント

メーカー希望価格:R3(シマノ) :¥61,600(税込) / MS (マイクロシフト):¥57,200(税込)
エイリン販売価格:R3 (シマノ) :¥58,520(税込) / MS (マイクロシフト):¥54,340(税込)
サイズ(適応身長):XXS(140~160cm)/XS(155〜170cm)/S(160〜175cm)の3サイズ展開
カラー:全4色(ブラウン/パールホワイト/ミント/クラシックブルー)※2021年モデルと同色

 

▲目次に戻る


ESCAPE Rシリーズのまとめ

2022年モデルは「シマノ変速機モデル」と「マイクロシフト(MS)変速機モデル」の2タイプ展開!

MS変速機へ対応のためフレーム設計が見直され、リアセンターがややロングに変更!

サイズ&カラーリングは2021年モデルのまま変わらず継続!

コロナ禍の影響で販売価格は実質¥4000の値上がりに

さらなる詳細が分かり次第、随時更新予定です!

▲目次に戻る

 


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆

●総額30,000円以上、月々支払3,000円~ご利用いただけます。インターネットからのお申込みもOK!詳しくはお問い合わせください。



\ この記事を書いた店舗 /

今出川京大前店(別館)

初めてのクロスバイク&ロードバイクや子供用自転車メイン店舗です!

今出川京大前店(別館)

京都市百万遍(東大路今出川)交差点より西へ200m南側に位置する「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」は、入門・日常使い・通勤・通学に適したスポーツタイプ(ロードバイク・クロスバイクなど)の自転車を中心に取り扱っています。 初めてスポーツバイクを買うにも専門知識が難しくて、よく解らないという方と一緒に悩める時間を大切にしたいと思い営業させていただいております。  

【主要取扱ブランド】GIANT(ジャイアント)KhodaaBloom(コーダブルーム)Cinelli(チネリ)RITEWAY(ライトウェイ)FELT(フェルト)GT Bicycles(ジーティー)MARIN BIKES(マリンバイクス)CENTURION(センチュリオン)GIOS(ジオス)FUJI(フジ)MASI(マジィ)LEZYNE(レザイン)ABUS(アブス)Knog(ノグ)NUTCASE(ナットケース)・・・etc

住所:
京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:
075-585-5750
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
不定休(年末年始・盆定休)

SHOP MAP

アクセスガイド

東大路今出川(百万遍)交差点より今出川通り沿いに西へ200m程進んだ南側
■周辺情報:「京都大学」「同志社大学」「同志社女子大学」「京都府立医大」「京都府立医大短期大学部」「京都造形芸術大学」など。

SHOP INFORMATION