eirin

【速報・情報解禁】定番のアルミマルチロード(オールロード)「GIANT CONTEND AR(ジャイアント/コンテンドAR)」シリーズ.2022年モデルが情報解禁&予約受付開始です!

店舗:今出川京大前店(別館)

– 目 次 –
  1. 「GIANT CONTEND ARシリーズについて」
  2. 「2022.CONTEND AR 1(コンテンドAR 1)」
  3. 「2022.CONTEND AR 2(コンテンドAR 2)」
  4. 「2022.CONTEND AR 4(コンテンドAR 4)」
  5. 「2022.CONTEND ARシリーズ比較」
  6. 「2022.GIANT CONTEND AR(ジャイアント/コンテンドAR)シリーズのまとめ」

京都市左京区、京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども用自転車(キッズ・ジュニア)。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

 

\2022.GIANT CONTEND AR速報はYouTubeでも公開中/


GIANT CONTEND ARシリーズについて

ロードバイク入門を支えるマルチロードバイク

GIANTの「ALL ROAD」カテゴリである「CONTEND」シリーズのディスクブレーキモデル「CONTEND AR」

通常のロードバイクよりも太めタイヤ(最大38c)を可能にし、スピード性よりも快適性を重視。
純粋なロードバイクであればUターンする路面もそのまま走っていけ、オンロードオンリーのサイクリングであれば細いタイヤへ換装すれば純粋なロードバイクとしても楽しめるマルチモデルですね。

また、昨今トレンドのディスクブレーキが採用された、所謂「ディスクロード」。
従来のキャリパーブレーキ(リムブレーキ)よりも制動力が高く、ブレーキコントロールに優れた仕様。長距離ライドでの疲れている時や雨天等の悪天候時での安全性向上に貢献されます!

 

2022.CONTEND AR 1(コンテンドAR 1)

メーカー希望小売価格:¥242,000(消費税10%込)
サイズラインナップ:410(155-170cm)、445(165-175cm)、480(170-185cm)、515(180-190cm)
カラー(全一色):ブラック
メインコンポ:Shimano 105(2×11SPEED)
車体重量:9.3kg(445mm) ※ペダル未装着時

 

エントリーロードバイクの上位機種「CONTEND AR1」。

2022年モデルではGIANTのオリジナルアルミのミドルグレードである「ALUXX-SL」が廃番となったことで、実質「2022.CONTEND AR1」が最上位アルミロードという事になりましたね。

 

フレームはGIANTのオリジナルアルミ「ALUXX Grade」が採用。

ジオメトリーでは、21年モデルから変更なし。

マルチロード(オールロード)というジャンルだけあって、リアセンターは長く、BBドロップは低い設計。

ヘッドアングルやシートアングルも寝ている印象ですね。

 

この設計により、スピードを出して走るというよりも、安定性・操作性に長けたモデルと言えますね。

 

ヘッドチューブ長は、同ブランドのDEFYシリーズより短めでTCRより長めの設計。

元々のCONTENDシリーズのコンセプトがピュアロードとエンデュランスロードの中間的存在。

ロードバイク初心者としては、今後レーシーな乗り方をしていくにしても、のんびりと乗っていくにしても、どちらにも適せるのは嬉しいポイント◎

 

フロントフォークはフルカーボンフォーク(スルーアクスル12mm)が採用。

エントリークラスでのフルカーボンフォークの採用は、昨今では定番となりましたね。

ポジション調整やメンテナンス面ではアルミコラムカーボンフォークが良かったのですが、スペックの高さからフルカーボンフォークに移行。ポジション調整やメンテナンス時には十分注意してください!

 

基本スペックはShimano 105(2×11SPEED)、油圧ディスクブレーキ(フラットマウント)が採用。※クランクは11SPEED互換クランクが採用。

 

タイヤ・ホイールにはチューブレスレディー(700×32c)が採用。

純正の状態でチューブレスレディータイヤになっていますね。ご購入時にチューブドをご希望される場合は店員にご相談ください!

▲目次に戻る


2022.CONTEND AR 2(コンテンドAR 2)

メーカー希望小売価格:¥176,000(消費税10%込)
サイズラインナップ:410(155-170cm)、445(165-175cm)、480(170-185cm)、515(180-190cm)
カラー(全一色):ディープレイク
メインコンポ:Shimano Tiagra(2×10SPEED)

 

今回CONTEND AR2に採用されてディープレイクは、個人的にはGood◎

GIANTらしくないといえばらしくないですが、中々流行をおさえた良い色ですね。現物が楽しみ!

フレーム素材とジオメトリーは、2022.CONTEND AR1と同様。

フロントフォークもCONTEND AR1同様にフルカーボンフォーク(スルーアクスル12mm)が採用。

 

メインコンポはShimano Tiagra(2×10SPEED)とメカニカルディスクブレーキモデル(TEKTRO社製)が採用。

クランクがTiagraなのは嬉しいポイント◎だけど、出来ればTiagraの油圧ディスクブレーキを採用して欲しかったところ・・・

 

タイヤ・ホイールはチューブレスレディー(700×32c)が採用。

チューブレスレディーは、タイヤの中のチューブを入れる必要が無いので、転がり抵抗の削減や乗り心地の向上に貢献されますね。

その代わりにシーラントが必要だったり、専用のリムテープが必要だったりするので、メンテナンスに慣れるまではチューブドにしておくのも一つの方法です。

▲目次に戻る


2022.CONTEND AR 4(コンテンドAR 4)

メーカー希望小売価格:¥126,500(消費税10%込)
サイズラインナップ:410(155-170cm)、445(165-175cm)、480(170-185cm)、515(180-190cm)
カラー(全二色):ブラック、ヘマタイト
メインコンポ:Shimano CLARIS(2×8SPEED)
車体重量:10.3kg(480mm) ※ペダル未装着時

入門向けマルチロード「GIANT CONTEND AR4」

フレームは上位「CONTEND AR1」「CONTEND AR2」と同スペックモデル。

フロントフォークも上位モデルと同様にフルカーボンフォーク(スルーアクスル12mm)が採用。

フレームセットが上位2機種と同スペックなのは嬉しいポイント◎

 

メインコンポはShimano CLARIS(2×8SPEED)が採用。

ブレーキはTEKTRO社製のメカニカルディスクブレーキですね。

入門向けロードバイクとしてはポピュラーな組み合わせ。

 

ホイールはチューブレスレディー対応の様ですが、タイヤは通常のクリンチャー(700×32c)仕様。

▲目次に戻る


2022.CONTEND ARシリーズ比較

2021年モデルでは、AR2が欠番となっていましたが、2022年モデルはAR3が欠番モデルとなりました。

AR1・・・Shimano 105仕様(2×11SPEED) / 9.3kg / ¥242,000(消費税10%込)
AR2・・・Shimano Tiagra仕様(2×10SPEED) / 未公表 / ¥176,000(消費税10%込)
AR3・・・Shimano SORA仕様(2×9SPEED) /2022年モデル無し
AR4・・・Shimano CLARIS仕様(2×8SPEED) / 10.3kg / ¥126,500(消費税10%込)

CONTEND ARシリーズは全て、フレームセットが同モデルを採用。コンポのアッセンブルのみを変更しクラス分けをしているラインナップですね。

 

CONTEND ARシリーズは入門ライダーを支えるグレードから、本来であれば、SORAグレードが一番欲しかったライン。

憶測の範囲ではありますが、おそらくコロナ禍の影響からShimano SORAコンポの入手が困難になったからだと考えられます。

 

●CONTEND AR 1がお勧めな方
⇒クロスバイク等でスポーツ自転車経験者の買い替え
⇒おそらくカスタムはしないから、殆ど完成形が欲しい方
⇒ロードバイク中級者から上級者のお友達と一緒に走る機会が多そう

●CONTEND AR 2がお勧めな方
⇒ロードバイクが初めて
⇒サイクリング等でヘビーに使っていく予定
⇒色々なシチュエーションで安心できるスペックから欲しい

●CONTEND AR4がお勧めな方
⇒峠を含むようなヘビーなサイクリングはしない(平地サイクリングがメイン)
⇒日常で使う事が多い(通勤・通学距離が長い)

▲目次に戻る


2022.GIANT CONTEND AR(ジャイアント/コンテンドAR)シリーズのまとめ

38cまでの太めのタイヤが対応可能。ちょっとした悪路などでも快適走行◎

タイヤの太さをカスタムするだけでマルチに活躍できるロードバイク

ディスクブレーキ採用で制動力Good

ポジションの調整がレース向けからエンデュランス(アップライド)まで幅広く対応できる⇒初心者から中級者までサポート

CONTEND AR1と同価格帯でフルカーボンロードバイク「TCR ADVANCED 2 KOM(リムブレーキ)」も発表されました。ディスクブレーキにそれ程拘りが無く、レースシーンで購入を考えられている方だとCONTEND AR1よりお勧めかなぁと思います!

何せ、CONTENDシリーズは、ロードバイクのエントリーユーザーを支えるモデル。

とはいえ、タイヤの太さをカスタムをするだけで結構マルチに活躍できるモデルとしては、1台あれば色々楽しめますね!

 

2021年9月1日(水)より予約受付開始です!昨今ロードバイクが中々手に入りにくいのでご予約はお早めに~

また、実車が入荷されましたら、改めてブログを更新します!

▲目次に戻る

 


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆

●総額30,000円以上、月々支払3,000円~ご利用いただけます。インターネットからのお申込みもOK!詳しくはお問い合わせください。



\ この記事を書いた店舗 /

今出川京大前店(別館)

初めてのクロスバイク&ロードバイクや子供用自転車メイン店舗です!

今出川京大前店(別館)

京都市百万遍(東大路今出川)交差点より西へ200m南側に位置する「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」は、入門・日常使い・通勤・通学に適したスポーツタイプ(ロードバイク・クロスバイクなど)の自転車を中心に取り扱っています。 初めてスポーツバイクを買うにも専門知識が難しくて、よく解らないという方と一緒に悩める時間を大切にしたいと思い営業させていただいております。  

【主要取扱ブランド】GIANT(ジャイアント)KhodaaBloom(コーダブルーム)Cinelli(チネリ)RITEWAY(ライトウェイ)FELT(フェルト)GT Bicycles(ジーティー)MARIN BIKES(マリンバイクス)CENTURION(センチュリオン)GIOS(ジオス)FUJI(フジ)MASI(マジィ)LEZYNE(レザイン)ABUS(アブス)Knog(ノグ)NUTCASE(ナットケース)・・・etc

住所:
京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:
075-585-5750
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
不定休(年末年始・盆定休)

SHOP MAP

アクセスガイド

東大路今出川(百万遍)交差点より今出川通り沿いに西へ200m程進んだ南側
■周辺情報:「京都大学」「同志社大学」「同志社女子大学」「京都府立医大」「京都府立医大短期大学部」「京都造形芸術大学」など。

SHOP INFORMATION