eirin

  • ホーム
  • エイリンBLOG
  • 商品紹介
  • 新商品
  • 『GRAVIER DISC(グラビエ ディスク) 』 アドベンチャー系クロスバイクもディスクブレーキ化で新登場です!!【GIANT 2020年モデル】& 650Bホイールを700Cホイールにカスタムしてみた!

『GRAVIER DISC(グラビエ ディスク) 』 アドベンチャー系クロスバイクもディスクブレーキ化で新登場です!!【GIANT 2020年モデル】& 650Bホイールを700Cホイールにカスタムしてみた!

店舗:今出川京大前店(別館)
-目次-
  1. 「モデル、価格、サイズについて」
  2. 「ユーザー待望のディスクブレーキ化!」
  3. 「乗り心地がよく、走破性のバッチリのワイドタイヤ」
  4. 「爽快な走りが楽しめる軽量なアルミ製フレーム」
  5. 「扱いやすいシマノ製コンポーネント&その他パーツ」
  6. 「27.5インチ(650B)ホイールを700Cホイールにカスタムしてみた!」
  7. 「GRAVIER DISCに合うフェンダー(泥除け)探してみた!」
  8. 「2020.GRAVIER DISCのまとめ」
  9. 「GRAVIER DISC類似グラベルクロスの紹介」

注意:当ブログ記事は、“旧モデルの紹介記事”となり、「当店」及び「メーカー」にて完売している可能性が高い商品となります。
新モデル(2021年モデルGRAVIER DISC)の紹介記事は≪コチラ≫もしくは、下記リンクよりご覧いただけます。

【速報8月入荷予定】『2021 GIANT GRAVIER DISC(ジャイアント グラビエ ディスク) 』人気!アドベンチャー系クロスバイクディスクブレーキが2021年も健在!!


京都市左京区、京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども用自転車(キッズ・ジュニア)。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

先日開催されたGIANT/2020年モデルの展示会。ESCAPE R DISC に引き続き、会場で見かけた最新モデルをご紹介していきます!

今回ご紹介するのは2020年のNEWモデル、GRAVIER DISC(グラビエ ディスク)。

オンロードの枠をはみ出して走れるアドベンチャー系クロスバイクがついにディスクブレーキ化! さっそく実物の写真を交えて見ていきましょう~。

 


【2020年モデル】GIANT  / GRAVIER DISC(ジャイアント / グラビエ ディスク)

メーカー希望販売価格:¥62,000(税抜)
エイリン販売価格:¥55,800(税抜)
サイズ(適応身長):430(155〜170cm)、465(160〜175cm)、500(170〜185cm)、555(180~195cm)
カラー(全2色):グリーン、ネイビー

▲目次に戻る

① ユーザー待望のディスクブレーキ化!

2014年からラインナップしているGRAVIERですが、ついにディスクブレーキ化!

MTB譲りの27.5インチホイール&ワイドタイヤのおかげで多少の荒れた道なら難なくクリアできる走破性が魅力でしたが、ディスクブレーキを採用したことで雨天時での制動力をプラスされました。

しかもブレーキは油圧式。軽いタッチでしっかり効いてくれて扱いやすさも大幅にアップしています!

京都だと、鴨川の河川敷が通勤/通学コースの方などに特にオススメしたいところ。

 

▲目次に戻る


② 乗り心地がよく、走破性のバッチリのワイドタイヤ

タイヤは27.5x1.75インチ(約650Bx44~45c)のワイドタイプ。※実寸約49mm幅でした。メーカーによってタイヤ幅をどこで計測するかが違い、GRAVIERのタイヤは1.75の中でもちょっと太い印象。

クロスカントリーやエンデューロなどMTB競技でも主流になっているサイズで、走破性と操縦性のバランスが良いのが特徴。

また、ディスクブレーキ化したことでMTB用ホイールがそのまま使用可能になり、ホイールカスタムの選択の幅が広がったのも嬉しいポイント。

≪27.5インチ(650B)サイズのホイールを通常の700cホイールにカスタムについてはブログ下部へ≫

 

▲目次に戻る


③ 爽快な走りが楽しめる軽量なアルミ製フレーム

フレームは6061番のアルミを使用した”ALUXX”グレード。GIANTのアルミフレームでは下位に当たるフレームセットですが、硬さと快適性のバランスが良くてそこそこ軽量という優等生さで、GIANTの入門向けバイクの品質を支えています。

フレームの形状を見ていくと、長めのヘッドチューブが目につきますね。ハンドル位置を高く設定できるので、上半身が前傾になりすぎずリラックスしたポジションで走行が可能。

GRAVIER DISCは荒れた道を走ることも想定しているので、バランスが取りやすい上体が起きた姿勢を狙った設計となっています。

エントリーグレードのフレームと言えど、溶接痕は控えめで美しい仕上がり。

ダボ穴も完備しているので、リアキャリアやフェンダーの取り付けなどのカスタムもOK!

 

ロゴはひと手間かけており、エンボス加工で浮き上がった仕上がりに。

アドベンチャー系のルックスとタウンユースのバランスが絶妙に取られているデザインで、個人的には好きですね~。

 

▲目次に戻る


④ 扱いやすいシマノ製コンポーネント&その他パーツ

◆コンポーネント

ブレーキレバー&キャリパーは安心のシマノ製。

 

シフトレバーと前後の変速機も同じくシマノ製。定番の前:Tourney、後:ALTUSグレードのパーツ構成で、使用頻度の高い後変速機のグレードをワンランク上にしています。

 

◆その他パーツ

グリップやサドルはショック吸収に優れた柔らかめのものを採用。

特にグリップにふかふか。握り心地良いです!

 

サドルは”UNICLIP”対応なので、対応しているライトやフェンダーをスマートに取り付けることも出来ちゃいます。

 

▲目次に戻る


⑤ 27.5インチ(650B)ホイールを700Cホイールにカスタムしてみた!

◆27.5インチ(650B)と700cの違い・・・

そもそも「27.5インチ(650B)や700cとは何ぞや???」という方も多いかと思います。簡単にいうと、タイヤ(ゴム部分)の外径ではなく、内側のリム(金属部分)の外径の違いです。

※左700c、右650B

650Bと700cのタイヤでは、タイヤ外径のサイズは殆ど変わらないのですが、リム側の外径では650Bの方が小さい為、タイヤ内部の空気量は650Bの方が多くなっています。

※過去記事で、エイリン丸太町店が650Bの魅力をブログでまとめています。《コチラ もご参考ください。

 

メリットデメリットでは、700cの方がスピードを出しやすいので速さが欲しい人は700cがいいと思います。650Bの方がクッション性が高く”楽”に乗れるので、スピードよりもクッション性や安定性が欲しい人は650Bがオススメ!

 

ではでは、本題の650Bと700cでカスタム(ホイール換装)は出来ないのか??です!!

純正(27.5インチ)

カスタム(700x38c)

できました!
カスタム(ホイールの換装)には、いくつかの条件があります。

①:ディスクブレーキ仕様であること
親しみのあるVブレーキなどのリムブレーキでは、ホイール外径が変わってしまうとブレーキが出来なくなります。その為、ホイール中心に取り付けるディスクブレーキ仕様が必須項目。

 

②:タイヤクリアランスが取れている事
650Bと700cのタイヤ外径は殆ど同じとお伝えしましたが、タイヤによって幅の違いやブロックタイヤ等での外径差は生まれてしまいます。その為ホイールの交換は可能なケースが多いですが、タイヤサイズには充分注意してください!

ちなみに、今回ご紹介のGIANT GRAVIER DISCにテスト的に換装したタイヤは700x38cとクロスバイクの中ではちょっと太めサイズをチョイス。

GRAVIER DISC + 700x38cは問題なくクリア!

グリップ力とクッション性の高いクロスバイクから走破感のあるクロスバイクへイメージチェンジされたように感じます◎

ちょっとカスタム費はかかっちゃいますが、お友達とサイクリングしたい時などに軽くカスタムしちゃうのも有りです!

▲目次に戻る


⑥ GRAVIER DISCに合うフェンダー(泥除け)探してみた!

現行(2020.03現在)では、GIANTオフィシャルパーツでのGRAVIER DISC専用フェンダーは未発売。Vブレーキ仕様の「GRAVIER」では専用フェンダーがありますが、「GRAVIER DISC」への取り付けは互換性が無い

フェンダーステー長が長かったり短かったりと加工をすれば取り付けが可能ですが、ジャストフィット!という印象は無く、何とか付いた…といった感じ。


GRAVIER/GRAMME FENDER ¥4,500 (税抜)

 

GRAVIER DISC専用フェンダーについては、GIANTにて現在開発中…これもコロナウィルスの影響から遅れているとの情報。発表されればまた、ブログでご紹介いたします!

GRAVIER FENDER UP GRADE KIT FOR GRAVIER DISC ¥1,200(税抜)の発売が発表されましたね。
※現在(2020.03)では、入荷予定は未定となっています。

GRAVIER専用フェンダーにアップグレードキッド(別売)を購入するとGRAVIER DISCにも取り付けが可能ということですね!(合計¥5,700(税別))

機会があれば、取り付け後のイメージ写真をこのブログでご紹介しますので、少々お待ちを!

 

今回ご紹介は、専用フェンダーではないのですが、取り付けが可能なフェンダーが見つかったので紹介いたします!

SKS BLUEMELS(ブルーメルス)

700cと650Bはタイヤ幅にもよりますが、ほぼほぼタイヤ外周径が同じなことで、タイヤ幅が良ければ対応可能!!

という事で、PRインターナショナルの営業さんに無理をお願いし、ブルーメルスをお借りしました!!ありがとうございます!!

さっそく、GRAVIER DISCに取り付けてみました!!

パッと見た感じはGOOD!フェンダーの色的にはブラックが似合いますが、今回お借りできたのがシルバーだったので、致し方なし。

 

タイヤへの接触は問題なし!写真で見た感じだとギリギリ感がありますが、実際は余力ありといった感じです。

 

ディスクブレーキキャリパーを避ける為にスペーサーが標準で装備◎

 

ちょっと頑張らないといけないのが、フロントディレイラーとのクリアランス。

GIANTのラインナップはチェーンステー長が短め設計の自転車が多く、人気のESCAPEシリーズもそうでしたが、GRAVIERも”カツカツ”。

標準で入っているスペーサー一枚だと紙一枚分のクリアランス。ワッシャー一枚ぐらい欲しいところ。

ですが、ボルト長が短い!!

 

とはいえ、さほど驚くこともなく。フレームのブリッジ自体が、10mmボルトにも対応しているので、代用ボルトは多く。

純正パーツのボルトにこだわる必要なし。ボルトを交換してもう少しスペーサーを増やせば。クリアランス問題も解消◎

 

価格面・ピッタリ感両面で現状第一候補です!!

▲目次に戻る


GRAVIER DISC のまとめ

タイヤ規格650B、油圧ディスクブレーキクロスバイクとしてトップクラスのコストパフォーマンス(2020.02現在)

「快速性」+「快適性」が高く、ゆったりマイペースに走行にオススメ

タイヤ規格650Bによりクッション性が高く乗り心地がGOOD

油圧ディスクブレーキ採用により、制動力と制動コントロールがGOOD

 

ようやく(?)ディスクブレーキ化を果たし、さらに使い勝手がアップしたGRAVIER DISC。

「タウンユースクロスバイク + 軽量アルミフレーム + 650Bタイヤ + 油圧ディスクブレーキ」でこの価格は唯一無二!常にメーカーで品薄状態が続いているのも納得できるモデル!!

 

ディスクブレーキ仕様の初心者向けクロスバイクで、荒れた道やグラベルも走りたいならGRAVIER DISC、キレイな舗装路オンリーならESCAPE R DISC(カスタムGRAVIER DISCも有り)といった感じ。ディスクブレーキの普及に合わせてラインナップが整えてきましたね。

 

\おすすめ!650Bタイヤ規格採用のクロスバイク/


MARIN NICASIO SE

JAMIS SEQUEL S3

ここ数年で「650Bタイヤ規格」が採用されたエアーボリューミーでクッション性の高いクロスバイク(グラベルクロス)が各メーカーで続々ラインナップ化!!

エントリーやデイリーユースのユーザー様でもハードルが高くない価格帯でリリースされ出しました!!

 

気になられた方は、ぜひ今出川京大前店別館までお問い合わせ下さいませ!

▲目次に戻る

\ その他の同価格帯クロスバイクが気になる方は↓ブログもご参照ください /


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆

●総額30,000円以上、月々支払3,000円~ご利用いただけます。インターネットからのお申込みもOK!詳しくはお問い合わせください。

 



ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。

\ この記事を書いた店舗 /

今出川京大前店(別館)

初めてのクロスバイク&ロードバイクや子供用自転車メイン店舗です!

今出川京大前店(別館)

京都市百万遍(東大路今出川)交差点より西へ200m南側に位置する「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」は、入門・日常使い・通勤・通学に適したスポーツタイプ(ロードバイク・クロスバイクなど)の自転車を中心に取り扱っています。 初めてスポーツバイクを買うにも専門知識が難しくて、よく解らないという方と一緒に悩める時間を大切にしたいと思い営業させていただいております。  

【主要取扱ブランド】GIANT(ジャイアント)KhodaaBloom(コーダブルーム)Cinelli(チネリ)RITEWAY(ライトウェイ)FELT(フェルト)GT Bicycles(ジーティー)MARIN BIKES(マリンバイクス)CENTURION(センチュリオン)GIOS(ジオス)FUJI(フジ)MASI(マジィ)LEZYNE(レザイン)ABUS(アブス)Knog(ノグ)NUTCASE(ナットケース)・・・etc

住所:
京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:
075-585-5750
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
不定休(年末年始・盆定休)

SHOP MAP

アクセスガイド

東大路今出川(百万遍)交差点より今出川通り沿いに西へ200m程進んだ南側
■周辺情報:「京都大学」「同志社大学」「同志社女子大学」「京都府立医大」「京都府立医大短期大学部」「京都造形芸術大学」など。

SHOP INFORMATION