eirin

  • ホーム
  • エイリンBLOG
  • 商品紹介
  • 新商品
  • 【速報】CONTEND AR 2021(コンテンドAR)シリーズ! 普段使い~グラベルまでマルチに使えるオールロードのご紹介!【GIANT(ジャイアント)】

【速報】CONTEND AR 2021(コンテンドAR)シリーズ! 普段使い~グラベルまでマルチに使えるオールロードのご紹介!【GIANT(ジャイアント)】

店舗:今出川京大前店(別館)


※公式HPより引用。画像は2020年モデルです。

-目次-
  1. 「CONTEND AR(コンテンドAR)とは?」
  2. 「CONTEND AR の各モデル紹介」
  3. 「CONTEND ARシリーズのまとめ」

京都市左京区、京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども用自転車(キッズ・ジュニア)。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

giant

ぞくぞくと2021年モデルが発表されているGIANTですが、今回はロードバイク、なかでも近年注目を集めているグラベル/オールロードカテゴリーのバイク、CONTEND AR(コンテンド ARシリーズ)の最新モデルをご紹介していきます!

グラベル! とか、オールロード! とか言うとなんだか取っつきにくく感じますが、要はタイヤが太く悪路でも安心して走れる設計のロードバイク(ディスクブレーキ付き)のことなので、街乗りベースでラクに走りたいと考えている方にも実はオススメ。

では、さっそくご紹介していきますね~。

 


CONTEND AR(コンテンドAR)とは?

◆ざっくり概要


※公式HPより引用。画像は2020年モデルです。

CONTEND ARは、台湾のビッグブランドGIANT(ジャイアント)から発売されているグラベル/オールロードカテゴリーのロードバイク。

初登場は2020年モデル。それ以前の税抜20万円以下のGIANTラインナップでは、舗装路メインならロードバイク(CONTEND)、悪路なら競技向けのシクロクロス(TCX)という2択(※)だったところに、未舗装路や林道もクリアできる”新しいCONTEND”としてCONTEND ARはデビューしました。

悪路を想定したつくりのため、安定性高めで乗車姿勢もラク。スピードを競わない人にはオススメ扱いやすい一台となっています。

※COTEND ARと同じく、2020年モデルからアルミ製REVOLTが10万円台で登場していますが、ダートを100km以上走るようなかなりハードユース向けを想定した設計のため、あえて除外しています。

 

◆CONTENDを発展させたフレーム設計

CONTEND ARシリーズ共通のALUXX グレードのアルミ製フレーム。

そこそこの剛性と軽量さで扱いやすいのが特徴で、ベースとなったCONTENDと同じグレードですね。

フレーム設計の点でCONTEND ARはどうかというと、”低重心化”、”直進安定性の向上”、”ラクめの乗車姿勢”といった形で、グラベル向きにCONTENDがアレンジされています!

BB位置(クランクの軸部分)の高さが75→80mmに変更され5mm下へ。重心位置が下がり走行時の安定感がアップ。

バイクの直進安定性に関わるリアセンター(クランク軸から後輪軸までの距離)は10mm伸びた422mmに設定され、直進時にフラつきにくく扱いやすさがアップ。ワイドタイヤが装着するためのクリアランス確保の役割もあったり。

ハンドル/ステムの高さに影響するスタックハイトも高めに変更。上体が起きたアップライトなポジションを作りやすく、悪路での操作性を高めています。

 

◆走破可能なフィールドを拡げる、ワイドなタイヤクリアランス

タイヤはロードバイクとしては太めの700x32C(=32mm幅)を初期装備。

フレーム↔タイヤのクリアランスも十分とられており、最大で38Cまで装着可能

本格的にグラベルを走るためにさらに太いタイヤにしたり、逆に細めのタイヤにすることで舗装路での巡航性能をアップさせることもOK。

 

◆悪天候に強く、安定性の高いディスクブレーキ採用


※画像はCONTEND AR1の油圧ディスクブレーキ

CONTEND ARシリーズは全モデルでディスクブレーキ採用!

従来のリムブレーキでありがちな雨の日の制動力低下や泥つまりが起きにくく、安定したブレーキ操作ができるのが魅力。AR4/AR3はワイヤーを引いて動作させる機械式、AR1は軽いタッチで操作可能な油圧式をそれぞれ採用。

状況を選ばずしっかり止まれるブレーキというのは安心感が違いますね~。

 

◆フロントフォークは全モデルともフルカーボン製!

最新規格のフラットマウント/12mmスルーアクスルに対応したカーボン製フロントフォークを、AR4~AR1まで全てのモデルで標準搭載。

軽量で振動吸収性に優れており、ライド中の疲労軽減に効果を発揮。

 

◆快適性と安定性の高い新型サドル

エルゴノミックな形状でフィット感の良い新型サドルを全モデルで採用。

また、サドルは”UNICLIP”システムに対応しており、後部に純正オプションパーツをスマートに取り付け可能。

 

CONTEND AR の各モデル紹介

2021年モデルのCONTEND ARはグレード別の3モデル展開(AR4/AR3/AR1)。

シマノ105コンポーネントと油圧ディスクブレーキを搭載したトップグレードのAR1、シマノClaris採用でお買い求めやすい価格を実現したエントリーモデルのAR4が新登場AR3は継続ですね。また生産上の都合か、2020年モデルではあったAR2はなくなりました。

さっそく各モデルもチェックしていきますよ~。

 

CONTEND AR4(コンテンド AR4)【GIANT 2021年モデル】

メーカー希望価格:¥105,000(税抜)
税込価格から10%OFF!!
エイリン販売価格:¥94,500(税抜)
サイズ(適応身長):XS(155〜170cm)/ S(165〜175cm)/ M (170〜185cm)/ L(180〜190cm)の4サイズ展開
カラー:全1色(チャコール)
入荷時期:8月中旬~順次取り扱い開始予定 <<<ご予約受付中!>>>

・2021年モデルから新登場! CONTEND ARシリーズで最も廉価なモデル。手ごろな価格でARシリーズを体感可能。
・メインコンポーネントはシマノClaris。2x8速仕様。
・ディスクブレーキはメンテナンス性の高い機械式。

▲目次に戻る


CONTEND AR3(コンテンド AR3)【GIANT 2021年モデル】

メーカー希望価格:¥125,000(税抜)
税込価格から10%OFF!!
エイリン販売価格:¥112,500(税抜)
サイズ(適応身長):XS(155〜170cm)/ S(165〜175cm)/ M (170〜185cm)/ L(180〜190cm)の4サイズ展開
カラー:全1色(ガーネット)
入荷時期:8月中旬~順次取り扱い開始予定 <<<ご予約受付中!>>>

・CONTEND ARシリーズのベーシックモデル。
・メインコンポーネントはシマノSORA。2x9速仕様。
・ディスクブレーキはメンテナンス性の高い機械式。

▲目次に戻る


CONTEND AR1(コンテンド AR1)【GIANT 2021年モデル】

メーカー希望価格:¥200,000(税抜)
税込価格から10%OFF!!
エイリン販売価格:¥180,000(税抜)
サイズ(適応身長):XS(155〜170cm)/ S(165〜175cm)/ M (170〜185cm)/ L(180〜190cm)の4サイズ展開
カラー:全1色(メタリックネイビー)
入荷時期:7月中旬~順次取り扱い開始予定 <<<ご予約受付中!>>>

・CONTEND ARシリーズのトップモデル。カーボン製シートピラーを採用されており、さらに軽量化&快適性アップ。
・メインコンポーネントはシマノ105。2x11速仕様。
・軽いタッチと安定した制動力を併せ持った油圧式ディスクブレーキを採用。
・タイヤにはのちのちチューブレス化も可能な「GAVIA FOND2 Tubeless Ready」を標準装備。

▲目次に戻る


CONTEND AR シリーズのまとめ


※公式HPより引用。画像は2020年モデルです。

ロードバイク”CONTEND”をベースに、アドベンチャーライドが楽しめるように設計とパーツ構成を見直したオールロードバイク!

全車種ディスクブレーキ採用! 雨天や泥詰まりに強く、安定したブレーキ操作が魅力!

最大700x38c(=38mm幅)タイヤまで装着可能! 舗装路からグラベルまで、シチューエーションに合わせたタイヤ幅の選択が可能!

2021年はAR1/AR3/AR4の3モデル展開! 税抜10万円台~購入可能な選択幅の広さが嬉しい◎

年々盛り上がりを見せるアドベンチャー/グラベルロードカテゴリーにGIANTが投じたのがCONTEND ARシリーズ。

当店でも2020年モデルを何台か販売させていただきましたが、購入された方は本気でグラベルを駆けまわりたい!といった方ではなく、「オンロードサイクリングが基本だけど、タイヤ太めで乗りやすくマルチに使えるロードバイクが欲しい」といったお客様が実はほとんどでした。

グラベルロードが欲しいという方にはもちろんですが、誰かと速さを競わない、扱いやすく安定感があるロードが欲しいな~と考えている方にもしっくりくる一台だと思います。普段使いで無理なく乗れるのもポイント高し◎

今年のベストセラーバイクになるかどうか、要注目です!

 

少しでも気になられたら、ぜひ今出川京大前店別館までお問い合わせまたはご来店下さいませ。

お待ちしております!

▲目次に戻る


◆サイクルショップエイリンの「バイシクルローン分割サービス」◆

●総額30,000円以上、月々支払3,000円~ご利用いただけます。インターネットからのお申込みもOK!詳しくはお問い合わせください。



ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。

\ この記事を書いた店舗 /

今出川京大前店(別館)

初めてのクロスバイク&ロードバイクや子供用自転車メイン店舗です!

今出川京大前店(別館)

京都市百万遍(東大路今出川)交差点より西へ200m南側に位置する「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」は、入門・日常使い・通勤・通学に適したスポーツタイプ(ロードバイク・クロスバイクなど)の自転車を中心に取り扱っています。 初めてスポーツバイクを買うにも専門知識が難しくて、よく解らないという方と一緒に悩める時間を大切にしたいと思い営業させていただいております。  

【主要取扱ブランド】GIANT(ジャイアント)KhodaaBloom(コーダブルーム)Cinelli(チネリ)RITEWAY(ライトウェイ)FELT(フェルト)GT Bicycles(ジーティー)MARIN BIKES(マリンバイクス)CENTURION(センチュリオン)GIOS(ジオス)FUJI(フジ)MASI(マジィ)LEZYNE(レザイン)ABUS(アブス)Knog(ノグ)NUTCASE(ナットケース)・・・etc

住所:
京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:
075-585-5750
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
不定休(年末年始・盆定休)

SHOP MAP

アクセスガイド

東大路今出川(百万遍)交差点より今出川通り沿いに西へ200m程進んだ南側
■周辺情報:「京都大学」「同志社大学」「同志社女子大学」「京都府立医大」「京都府立医大短期大学部」「京都造形芸術大学」など。

SHOP INFORMATION