エイリンBLOG

4月からの送り迎えはこれで大丈夫!!Panasonicの子供乗せ電動自転車のご紹介!!

皆様こんにちは

同志社大学近くで営業しています。サイクルショップエイリン同志社前店です。

 

ちょっと前までかなり寒かったですが、今日は少し暖かいですね。どうやら朝夕はまだ寒いので油断大敵です!!

 

さて、今日はタイトルにもあるのですが、皆様の中には4月からの新生活で保育園・幼稚園が決まり送り迎えをするパパママの方もいるのではないでしょうか?

僕も2年前に保活を行い今子供は保育園に通っているのですが、やはり子乗せ電動自転車があるのとないのとでは便利さが全然違いますね。

因みに以前に前子供乗せタイプの子供乗せ電動自転車のブログも書いていますので、もしよければこちらも併せて読んでいただけると嬉しいです!!

さて、今日は僕たちがおすすめしているPanasonicの子供乗せ電動自転車ギュットのご紹介です!!

 


新アシスト制御によって新しくなったギュット・アニーズ・DX

メーカー:Panasonic/パナソニック

カラー:マットオリーブ

タイヤサイズ:20×2.125HE

適応身長:142cm以上 ※幼児2人同乗時適応身長155cm以上

変速段数:内装3段

バッテリー容量:16.0Ah

アシストモード(走行距離):パワーモード(約50km)、オートマチックモード(約60km)、ロングモード(約80km)

メーカー定価:¥139,800(税抜)  当店販売価格:¥125,820(税抜)

2019年モデルよりパナソニックのアシスト機能が新しくなりより乗りやすくなった子供乗せモデルの電動自転車です。

また、Panasonicの電動自転車の良いところはたくさんありますが、なんといってもMade in Japanというところ。

大阪府柏原市の自社工場で、加工・製造から組立・梱包まで行っており、Panasonicの安心安全を追求する姿勢は本当に頭が下がる思いです。

僕たちも去年工場見学をさせてもらいましたが、その安心安全に対する管理体制はこれならお客様に安心して乗って頂けるし、僕たち自転車屋も自信をもってお客様におススメできると心から思うものでした。


 

電動自転車の心臓部、アシストやバッテリーの仕様

◆新アシスト制御で最適な漕ぎだし◆

2019年の電動自転車は新アシスト制御を搭載しより乗りやすい自転車となっています。

坂道や荷物の有無などさまざまな状況に合わせてアシスト制御を見直し、81通りの中から、最適なアシスト制御を実現しています。

以前までの車種と比べると坂道で漕ぎだすときは以前の車種よりパワフルなアシストになり、平地での漕ぎだしはよりパワーを抑え安心できる漕ぎだしになっています。

僕もそうでしたが、初めて電動自転車に乗った時の最初の漕ぎだしはグインッと動き出し少し怖い思いをしましたが、それがなくなっています。

 

 

◆小型大容量バッテリーで毎日乗っても充電長持ち◆

ギュット・アニーズ・DXのバッテリーは16.0Ahの大容量バッテリーが搭載されています。

例えばお子さんを送りそのまま仕事に行くとして、毎日5~6kmを往復してもパワーモードで約10日間は充電がいらない計算になりますね。

 

一回の充電で長く乗れるのは何がメリットがあるかというと・・・

それは、バッテリーの寿命と大きくかかわってきます!!

電動自転車のバッテリーに使われているリチウムイオン電池は携帯電話のバッテリーと同じで充電回数に反比例して電池の持ちが減っていくという特徴があります。

電動自転車のバッテリーは約700~900回充電すると元の容量の半分くらいになってしまいます。つなり同じ100%まで充電しても新品バッテリーと700回程充電したバッテリーを比較した時、電池の減り方が後者の方が早くなっているのです。

つまり一回の充電で長く乗れるという事は、それだけバッテリーの交換時期を延ばせるという事です!!

もちろんバッテリーは消耗品なので絶対に交換時期が来るのですが、それでも交換するタイミングは遅いほうが家計にもありがたい。(16Ahのバッテリーだと交換にかかる金額は約40000円です。)

 

そして、バッテリー充電の話ですがバッテリーは使ったら減るし、減ったら充電せにゃなりません。Panasonicのバッテリーは充電開始から約80%までは一気に充電し、そのあとは過充電にならないように少しづつ充電するようになっており、必要な電力をスピーディーに充電しながらバッテリーの劣化を防いでくれます。(16.0Ahの場合約80%まで約3.5時間、100%まで約5時間です。)

 

 

◆エコナビ液晶スイッチで簡単に最適なアシスト力に◆

エコナビ液晶スイッチはとても見やすく、簡単操作で載っているときに最適なアシスト力を得られるようになっています。

スイッチの左の▲▼を押すとアシスト力を選べるようになっており、パワーモード⇐⇒オートマチックモード⇐⇒ロングモードというふうに変えられます。

また、切替ボタンを押すとバッテリー残量残り走行可能距離残り走行可能時間と切り替わるようになっているので、あとどの位の距離を走れるのかやどのくらいの時間走れるかの目安になります。


 

お子様の成長になく寄り添うプレミアムリヤチャイルドシート

◆シートベルトは巻き取り式でとても便利◆

シートベルトは巻き取り式になっているため、お子様の成長に合わせていちいち肩紐の長さ調整をする必要がありません。

やり方は撮っても簡単チャイルドシートの背面にある赤いレバーを押しながらシートベルトを引っ張るとシュルシュルと肩紐が伸びるので、お子様を座らせてシートベルトを締めてもう一度背面レバーをおせば、はいっ。肩紐がぴったりの長さで止まります。

もちろん5点止めのベルトなので、しっかりと肩と腰を固定してくれます。

 

 

◆開閉しやすいグリップレバー◆

グリップレバーは片手でワンタッチで開けることができるので、お子さんを抱っこしているときでも簡単に開けることができます。

お子さんが抱っこの状態で眠ってしまったときにはこれはかなり便利ですね。

 

 

◆成長に合わせて高さを変えられるフットレスト◆

プレミアムリヤチャイルドシートのフットステップはお子さんの成長に合わせて3段階の高さ調節ができるようになっています。


 

自転車としての機能もとても便利♪

◆跨ぎやすく安定性のある車体◆

車体は跨ぐところがぐっと低くなっており、跨ぎやすく低重心でふらつきにくくなっています。

ワイヤーもフレーム内蔵型になっているので、見た目もスッキリしています。

 

 

◆リフレクター一体型のLEDビームライト◆

ギュット・アニーズDXのライトは「リトルLEDビームランプ2」という名前でリフレクター一体型のLEDライトでライトの範囲は広範囲を明るく照らしてくれるようになっています。

暗い夜道でもしっかりと路面を照らしていくれるので安心ですね◎

 

 

◆安定感のある幅広タイヤ◆

タイヤは安定感のある20×1.75のタイヤが付いています

タイヤの中に入っている空気量も多いので、路面の衝撃も吸収してくれますし幅広なので、雨の日でもスリップしにくくなっています。

 

 

◆スタピタ2でカゴに重い物を乗せても大丈夫!!◆

「スタピタ2」とはスタンドを立てるとハンドルの所にロックがかかるようになっている仕組みの事です。

よくママチャリであるのが買い物の荷物をカゴに乗せたとたん、その重さでハンドルが回って自転車が倒れてしまうという事があるのですが、それを防いでくれます。

 


 

ギュット・アニーズ・DXのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はギュット・アニーズ・DXの機能をしっかりとご紹介させていただいたので長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます!!

子供乗せ電動自転車とても便利ですよ~~。笑

電動ではないタイプの子供乗せ自転車もあるのですが、漕ぎだしや坂道では雲泥の差が出てきます。

電動タイプでないタイプを購入された方で、「やっぱり重いから今乗っている自転車を下取りしてもらって子乗せ電動を買いたい!!」と戻ってきた方もいるくらいです。

どちらかで迷われていて、予算が厳しくないのであれば断然電動自転車の方をお勧めします!!

送り迎えだけではなく、普段の生活がかなり豊かになること間違いなしです。

 

ちなみにギュット・アニーズシリーズは下の写真のようにオプションのフロントチャイルドシートを付けるとお子さんを2人同時に乗せることができます。

新生活が近づくにつれて皆さん子供乗せ電動自転車を購入されるので、購入を考えられている方はお早めに!!現物を見たいという方はエイリン同志社前店までお問い合わせください。(上記のフロントチャイルドシートが付いているタイプはお客様の注文車でしたので展示はございません。)

それでは今日はここまで!!

次回も素敵な自転車をご紹介したいと思います!!

ではでは~~。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。