エイリンBLOG

悪路でも安定感抜群!!街中使用から未舗装路まで乗れちゃうディスクブレーキ搭載のATX。

2019年05月12日 | 同志社前店 , 2019モデル

皆様こんにちは

同志社大学近くで営業しています。サイクルショップエイリン同志社前店です。

前回は「一般車タイプの前子供乗せ自転車を入荷しました。」という記事をご紹介しましたが、今回はお買い得なMTBのご紹介をしたいと思います。

 


GIANT ATX(ジャイアント エーティーエックス)

新車参考価格:¥54,000(税抜)

当店販売価格:¥48,600(税抜)

カラー:ブルー

フレームサイズ:Sサイズ(適応身長160~175cm)

 

GIANT ATXはGIANT独自のアルミフレームであるALUXXフレームが採用されています。

6061アルミフレームを採用しバテット加工と溶接跡も綺麗なスムースウェルディング加工が施されていて、何より軽くて丈夫なフレームなんです!!

アルミフレームの特徴はやはり反応性の速さ。

ペダルを漕い瞬間に推進力に代わりシャキシャキとした走り心地が気持ちいいです。

 

 


ちょっとした悪路も何のその!!安定感抜群の自転車

ATXにはフロントサスペンションがついていて、路面からの衝撃を吸収してくれます。

京都は意外に路面が悪いところも結構多いのは事実あります。

そういったところのいやな振動だけではなく、歩道から車道の段差の衝撃もほとんど手に感じることなく走ることが出来ます=手に疲れを感じにくく長い距離走っても手が痛くなりにくいという事ですね。

僕も以前にMTBを持っていたのですが、サスペンションがあることでガタガタ道でもストレスを感じることなく走ることが出来ました。

 

 


走破性のよい27.5インチタイヤでより快適に

ATXのタイヤは今MTBの中で主流になっている27.5インチのタイヤが使われています。

少し前に主流だった29インチの走破性の近さと26インチタイヤの小回りのききやすさのメリットのいいとこどりをしたのが27.5インチです。

また、セミブロックのタイヤは舗装路もも未舗装路も走ることができ、雨の日でもそのブロックのおかげで滑ることも本土ないのではないかと思います。

 

 


悪天候でも制動力が変わりにくい通勤通学にぴったりなディスクブレーキ搭載

ブレーキは車やオートバイなどでも使われているディスクくブレーキが装備されています。

やはりそのメリットは悪天候でもブレーキの制動力が落ちにくい事。

リムブレーキはブレーキとの接地面が濡れてしまうと滑ってしまって、制動距離が伸びて(ブレーキが効きにくい)しまいますがディスクブレーキは構造上そういったことが起こりにくくなっています。

基本的に毎日自転車に乗る方であれば、やはりどんな状況でもブレーキが効きやすいというのは必須条件でしょう。なにせ、ブレーキは止まるための装置ですんでね。

 

 


コンポーネントは安心のShimano製

変速関係のコンポーネントは何といっても安心の日本ブランドShimano製の変速レバーと変速機になっています。

変速の際もスパスパと切り替わってくれますし、耐久性も強く街中使用かなり優等生です。

また、万が一壊れてしまってもすぐに変えのパーツが手に入るのも安心できるポイントではないでしょうか。

 


ケーブルはフレーム内蔵式なので見た目もスッキリ

変速関係や後ろのブレーキワイヤーはフレームの中を通っているフレーム内蔵式となっていますので、自転車の見た目もスッキリとしていますし、何よりワイヤーが外に出ていないので単純に「錆びる」というリスクも少なくなり、トラブルも少なくなってきます。

 


GIANT ATXのまとめ

ダート~舗装路まで走れ、街中でも振動などのストレスも少なく走れるATXはいかがでしたか?

安定感も抜群でそんなにスピードを求めず自分のペースで走る方にはお勧めな自転車になっています。

今回のこちらの自転車はお客様からのご注文の商品になるので在庫としては置いていませんが、まだ現段階ではカラーとサイズによってはお取り寄せが出来ますので、気になられた方はエイリン同志社前店までお問い合わせください。

それでは、また次のブログで!!

ではでは~~~。