eirin

2017年モデル GIANT CONTEND SL2入荷!

店舗:同志社前店
カテゴリ:
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

サイクルショップエイリン同志社前店です!

本日ご紹介のロードバイクはコチラ!2017.GIANT CONTEND SL2 (1)

2017.GIANT CONTEND SL2(ジャイアント コンテンド)

新品参考価格:¥115,000(税抜) ⇒

エイリン通常価格:¥103,500(税抜)※対面販売のみ

 

GIANTから発表された2017年の新モデルのCONTENDです!


【超軽量アルミフレーム採用】

CONTEND SL2にはGIANTの独自アルミである“ALUXX SL”が採用。

独自成形による薄さとしなやかさを感じるフレームですね。

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (7)

トップチューブ

トップチューブはヘッドチューブからシートチューブにかけ扁平に変形しながら細くなっています。

これによりシートチューブでの振動吸収が高く、ハンドリングでの安定性を確保。

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (13)

ダウンチューブ

ダウンチューブもトップチューブ同様にヘッドチューブからBBに掛け扁平しながら細くなっています。

扁平に変形させる事で横へのネジレを軽減しながら縦振動の吸収へ貢献してくれています。

もちろん、パイプ自体の薄さから見た目以上に軽さがあります。

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (29)

シートポスト、シートチューブ

シートポストにはD-Fuse規格のカーボンが採用、さらにシートチューブもD-Fuse形状になっており、シッティング時のまろやかな乗り心地が実現されています!

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (5)

ヘッドチューブ

ヘッドチューブは過度な前傾姿勢を防ぐ為に長めな設計。

元々、CONTENDはDEFYシリーズとTCRシリーズのちょうど間くらいの性能(美味しい処取り)を目指して開発されたモデルですので、レーシーなポジションからゆったりとしたポジションまで対応できる設計となっていますね。

ただ、個人的にはホイールベースの長さとヘッドチューブの長さ、パイプの形状を見ているとちょうど間というよりもDEFY寄りな(DEFYにスピード性を足した)モデルという感じがしますね!

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (33)

ワイヤーはフレーム内蔵型になっているので、すっきりしています。

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (44) 2017.GIANT CONTEND SL2 (47)

フロントフォーク

フロントフォークはアルミコラムのカーボンフォークが採用。エアロ形状とストレート形状になっていることから、シャープな走り心地に貢献されています。


【新SHIMANO Tiagra(4700系)採用】

2017.GIANT CONTEND SL2 (21) 2017.GIANT CONTEND SL2 (19)

2017.GIANT CONTEND SL2 (35) 2017.GIANT CONTEND SL2 (14)

2017.GIANT CONTEND SL2 (3)

シフト関係、ドライブ関係はShimano Tiagra(4700系)が採用されています。

個人的な意見ではありますが、新Tiagraは10SPEEDとしては高スペックで、エントリークラスとしては十分すぎるスペックだと感じます!

旧105(5700系)と比べてもシフトストレスがTiagraに軍配が上がるのでは無いでしょうか。

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (42)

ブレーキキャリパーは、”TEKTRO R312″が採用されているので、ロングライドを目的とされている方はカスタムがオススメですかねー。


 

【ホイール重量を検証!】

組付けついでにホイールの重量を測ってみました!

2017.GIANT CONTEND SL2 (46) 2017.GIANT CONTEND SL2 (48)

フロントホイール:960g

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (53) 2017.GIANT CONTEND SL2 (40)

リアホイール:1640g(スプロケット含む)

※スプロケットはShimanoの”HG500 10S 11-32T”が採用されており、350g程度

1640-350=1290g

 

Shimanoから出ている一番下のクラスであるWH-R501がフロント820g・リア1069gとなっていますね。

ホイールは重さが全てではないですが、ホイールもキャリパーブレーキ同様にロングライドやレースを検討されている方はカスタムがオススメです!


【まとめ】

確かにキャリパーブレーキやホイールはコストダウンされていますが、GIANTのお買い得感を考えると、自分に合わせたカスタムが出来る予算を残せると考えられます。

実際にTiagraコンポの上位グレードアルミが採用されたロードバイクの相場が14万円ぐらいとなっている中、CONTEND SL2は定価11.5万円・・・

 

さらに、従来モデルのDEFYを改良しスピーディーなモデルと進化し、TCRよりもゆったりと・・・

GIANTは何処までライダーの我がままを聞くつもりなのでしょうかw

 

初めてのロードバイクは、どうしても自分にあっている物を探すのに苦労します。

憧れと現実のギャップに不安が・・・

CONTENDはオールラウンドロードバイクとして、これからロードバイクを始めたい方にピッタリなモデルだと思います!!

 

 

余談ですが・・・

タイヤとチューブの重量も測っちゃいましたw

2017.GIANT CONTEND SL2 (49) 2017.GIANT CONTEND SL2 (50)

タイヤ:240g

 

2017.GIANT CONTEND SL2 (51) 2017.GIANT CONTEND SL2 (52)

チューブ:140g

ご参考くださいませー

 

 

2017.GIANT CONTEND SL2はサイクルショップエイリン同志社前店に現在展示中です!

試乗も出来ますので、是非お問い合わせください!

エイリン同志社前店についてはコチラ⇒

 

 

72a96c4b7ebdb9df81f5421ad7639208-1024x714

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしています~!!

DSC01242

ちなみに外観はこんな感じになっています~~。


 

サイクルショップエイリン同志社前店リニューアル&6周年記念SALEを開催いたします!

●期間:2016年11月1日~12月28日

※本SALEは現金でのお支払いのみの割引率となります。クレジットカードでのお支払いは、各割引率より-5%となります。

※サイクルショップエイリン同志社前店限定SALEとなります。他エイリンではSALE実施をしておりません。

リニューアル&6周年記念SALEバナー

移転に伴い、自転車コーナーの拡大からお買い得商品を一気にお出しします!

その他にも、お得な内容が盛り沢山!

エイリン同志社前店セール情報はこちら⇒

 

 

 


\ この記事を書いた店舗 /

同志社前店

移動手段の自転車だけでなくライフスタイルを豊かにする自転車を提案します

同志社前店

ママチャリから電動アシスト自転車、スポーツバイク、キッズバイクまでトータルに取り扱いしています。頼りになるスタッフがお客様一人一人の生活に合った自転車を提案いたします。こういう自転車に乗りたいとか、こういうライフスタイルだけどどんな自転車が合うのか分からないなどありましたらお気軽にスタッフにご相談ください。
There is a English speaker stuff so we can take care of international student and foreign people. Please feel free to come our store!!

住所:
京都市上京区今出川通室町西入ル掘出シ町306
TEL:
075-432-7874
FAX:
075-432-7874
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
年中無休(盆・年末年始を除く)

SHOP MAP

アクセスガイド

地下鉄烏丸線烏丸今出川駅4番出口から西へ徒歩5分
■周辺情報「地下鉄烏丸今出川駅」「同志社大学」「同志社女子大学」「京都御所」「大谷大学」「上京区役所」