eirin

ついに登場!Rライトの大本命!? CATEYE キャットアイ X2 Kinetic キネティック

店舗:烏丸鞍馬口店
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは~。昨夜は大雨でしたね。気づけば雨が上がり、ちょっと寒いぐらいです。

体調管理はしっかりとお願いしますよ~

本日は鞍馬口店スタッフが待ちに待ったライトがついに入荷しましたのでご紹介!

”加速度センサー付きのリアライト CATEYE【キャットアイ】TL-LD710K RAPID X2 KINETIC”

R0011428

CATEYE【キャットアイ】TL-LD710K RAPID X2 KINETIC

価格¥6.000-(税別)

詳細スペック

サイズ 74.4 x 30.5 x 32.9mm
重量 32g (本体・電池のみ)
光源 面発光LEDモジュール
使用電池 リチウムイオンポリマー充電池(標準充電時間:約2時間)
使用時間
ロー: 約5時間
点滅: 約30時間
ラピットモード: 約16時間
取付バンド径 ラバーバンド 約12.0〜32.0mm

MADE IN JAPAN

R0011449

期待を受けて登場!加速度センサー付きリアライト。車との事故が8割を超す自転車における事故を避けるために視認性を追求!

自転車の減速を感知して、ハイ点灯(2.5秒間)で光る「キネティックモード」を搭載!

今までブレーキを握ると点灯するタイプのライトはありましたが、LED球が小さく明るさが不十分であったり、

個人的には物理的にワイヤーで引くため、若干のワイヤーの引きの重さが気になって導入をさけ続けていました。

ですが、ついに登場したこいつはブラッシュアップを続けるキャットアイ様らしい隙の無い造り。

50ルーメンもの明るさで、手信号だけでなく減速のアピールをバッチリ行ってくれます。

R0011440R0011441

180度を越える視認性!面発光により、サイドからも存在をバッチリアピール!

ここ最近のキャットアイのライトにおいてよく登場する面発光。

点で明るいものだと指向性が絞られるため、フロントライトだと集光部分がよく見える、となるのですが、

存在をアピールするためのリアライトでは点だと少し不安なのも事実。

暗くなるのが早くなってきた秋の始め、安全対策には良い時期では?

R0011446

バッテリーオートセーブ機能で、出先での電池切れを防止!

電池残量が少なくなるとスイッチが点滅して、点灯パターンが点滅に切り替わります。

このときキネティック機能(減速時ハイ)は作動しません。おおよそ充電が必要となる1時間前にサインを出してくるので、

予備ライトをお持ちの方はそちらを。帰宅に1時間かからない方はお家で充電!とわかりやすいサインを出してくれるのがVery Good!!

これはもう買うしかないと思うのですがどうでしょうか?

メーカーの商品紹介動画はコチラ!!

鞍馬口店スタッフはキャットアイのファンだからこそここまでオススメする…ということもありますが、

メーカーのサポート体制や、補修部品の細かさ、不良品などの少なさを現実に感じているからこそオススメしているものでアリマス。

今回は1つのみの入荷ですが、売れてしまっていても取り寄せも可能かつ、実物を見たい!となるならスタッフ使用しておりますので、

是非、使用感などお店まで聞きに来てくださいませ~~

ではでは!

サイクルショップ烏丸鞍馬口店の詳細は⇒「こちら

topbar
サイクルショップエイリンでは高価買取No.1を目指しています。
「ロードバイク、マウンテンバイク、シクロクロス、クロスバイク、一般車、自転車関連パーツやアクセサリー」
簡単査定で直ぐに専門スタッフが無料で査定させて頂きます!!まずはご連絡ください★

フリーダイヤル

名称未設定-1
サイクルショップエイリンでは一緒に働いてくれるスタッフを募集しています!【未経験者歓迎】自転車の販売や修理に興味ある方は是非ご連絡ください。


ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。