eirin

ALAN MITO

店舗:丸太町店(スポーツ車メイン)

当店は国内でも数少ないALANBIKESのディーラーです。

昨今のスポーツサイクルでは当たり前の素材となりえたアルミやカーボン素材をフレームに採用した初のブランド、

ALANBIKESに関する詳細は過去ブログでも紹介させていただいております。

僕自身もこちらのシクロクロスを愛用中。

スカンジウムらしいカチンとした乗り味でレースでも良く進んでくれ大変気に入っております。

さて、昔から自転車に興味をもたれている方ならすぐお分かりになるかと思いますが、

少々マニアックと勘違いされがち?なこの歴史あるALANBIKESといえば、このツートングラフィック。

さて、今日はそのグラフィックを採用したカーボンロードフレームをご紹介。

ALAN MITO CARBON FRAME+FORK SET

当店価格¥290.000-(税別)

今期よりこちらのMITOはラインナップからなくなった模様ですが、無理をいって本国で一本作っていただけました。

実際にいたいリアの工場でバームクーヘンのようにクルクルとカーボンを巻いて。

ALANは、イタリアンハンドメイドラインとTAIWANラインを分けて生産。

ハンドメイドラインにはこちらのロゴが記載されます。

非常に希少価値高いフレームですので、じっくりご覧頂きましょう。

天下のGOOGLE検索でも中々細やかな画像が出てきませんので。

人気ないのかな?(笑)

僕は間違いなく現行カーボンフレームのほとんどが、”見た目が良くない”と思っている一人。

こちらのフレーム、郡をぬいてカッコイイと思うけど。

やっぱりフレームは丸パイプがカッコイイ。と改めて実感。

リアブレーキワイヤーは内蔵で。

シートステーは細めに。ロゴがステキ。

チェーンステーにはオーナーのネームを、ガッツリいれてもらいました。

実は本オーナーは、一年ほど前にDEROSA MERAKを盗難にあわれた方。

満を期してオーダーして待つ事3ヶ月。

こちらのMITOが届いた2日後に、フレームだけ発見されるという、なんともファンタスティックなオチがついております。

もちろんのこと、おいそれと購入できる価格帯ではございませんが、

走りもよく、見た目も気に入り、周りと被らない(これが最も難義かな)。

そんな欲求をある程度クリアしていこうと思えば、価格は仕方が無い。

人違った事やカッコイイ事をしようと思えば、それなりに背負うものもあるものです。

それは、もちろん価格であり、様々な労力であり、情熱であり。

それほど簡単なことではございません。

だけど、それほどに思い入れは深いもの。

いずれにせよ、オーナーに幸あれ!

そして、汝けしてとられるべからず!であーる。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

通信販売 webstore ↓

↓買取↓

↓ facebook ↓

↓ twitter ↓

↓FLICKR↓

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

株式会社エイリン サイクルショップEIRIN 丸太町店

店舗marutamachi@cycle-eirin.com

■所在地 :〒602-0878 京都市上京区丸太町河原町西入る高島町338-2

■電  話:075-231-3598

■F A X:075-231-3598

■MAIL:marutamachi@cycle-eirin.com

■営業時間:AM10:00~PM9:00 *日曜日のみPM0:00~PM9:00スポーツ車高価買取実施中

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆