eirin

新商品紹介! 2017年モデル GIANT  ESCAPE RX3

店舗:御池店
カテゴリ:,
本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

IMG_0260

こんにちは。
それはもう嫌ってほど夏ですねぇ。
御池店のFujiiです。
水分の摂取は大切ですが、ついつい取りすぎちゃって内臓に負担かけてるなぁという気もしないでもない。

 

さて先日の丸太町店のブログ記事にもありましたが、
GIANTさんの2017年モデル一部車種先行販売に合わせて
現在エイリン全店で2016以前モデル(旧モデル)を在庫整理のためメーカー希望小売価格より18%オフセールにて販売しております。

御池店でも例外なく~という風に書き出してはみましたが

本日ご紹介するのは2017年モデル、新モデルです。

 

 

 

2017年モデル GIANT
ESCAPE RX3
メーカー希望小売価格 ¥64,000(税抜)
エイリン価格 ¥57,600(税抜)

実はエイリン社内にもファンが多いこのESCAPE RXシリーズですが
今回は改めてその特徴と、旧モデルからの変更点をご紹介します。

 


 

 

自転車の仕様

 

コンポーネント

IMG_0261 IMG_0262 IMG_0263 IMG_0264
Shimano ALTUSをメインコンポに据えた27段変速です。
フロントギアクランクのみ昨年度同様ACERAグレードを採用。

グレード違いとはいえ、ドライブトレインがちゃんとShimanoで統一されているところに安心感があります。
リアスプロケットも11-32Tという歯数で、幅広い起伏に対応した設定といえますな。

 

 

ALUXX-SLアルミニウムフレーム

IMG_0268
GIANTのラインナップの中でもミドルグレードから採用され始めるALUXX-SLアルミニウムで形成されたフレームです。
このアルミは主に6061番アルミニウムを使用し、チューブによってダブルバテット/トリプルバテットを使い分け厚みを変えることで軽量化と剛性確保を図っています。
チューブの形成方法も

①型で圧力をかけるプレス製法に加えて

②内部に高圧の空気を注入するワームフォーミングと

③要所要所高温高圧の液体を注入するフルードフォーミングを採用することで

反応性のいい高剛性なフレームに仕上がっています!

 

IMG_0272

溶接個所もアルミ特有のモリモリ感を丁寧に研磨処理してあります。
余計な重量をこれでもかと減らし、さらに見た目にもグッドなこの仕事、感服致しますなぁ。

 

 


 

 

自転車の特徴

 

D-FUSEシートポスト採用

IMG_0274 IMG_0273
2016年モデルよりESCAPE RXシリーズでもこのD-FUSEシートポストが採用されています。もちろん2017年モデルでも健在。
シートポストにD型の断面構造のチューブを用いることで従来の形のモノより前後へのしなりが起こりやすくなります。それによって路面からの突き上げ衝撃等をサドル一歩手前で緩和して快適な走行感が得られます

 

 

フレーム構造

IMG_0271

まずはトップチューブ。
ヘッドチューブからシートチューブにかけて扁平になり、板のように薄くなっていきます。
積極的に上下にしなることで衝撃をいなしてライダーにかかる負担を軽減してくれるつくりです。

 

IMG_0283

またこの縦につぶしたチェーンステーは剛性を高め、踏み込んだクランクの力をチェーン、スプロケット、ホイールへとロスなく伝え、推進力に変えてくれる役割を担っています。

 

IMG_0268 IMG_0279

ダウンチューブも面白いですね。
ヘッド周辺は断面積が広い六角形に近い形で、ねじれに強く、ハンドリング性能を高め
一方でBB周辺に向かうにしたがって徐々に扁平具合が高い長方形になり、トップチューブと同じように衝撃を緩和しやすくなっています
自転車で最も大切なフレーム、このくらいの価格帯のクロスバイクでもしっかりとした工夫があると走行性能に大きな差があるなぁと感心します。

 

 

アルミニウムストレートフォーク

IMG_0277 IMG_0278

シートポスト、フレームと紹介した中で「衝撃吸収」という言葉が何度か出ましたが

このストレートフォークは逆にしっかりと路面の情報を感じさせるものです。
ベントフォーク、前方に曲がったフォークと違いこのストレートフォークは剛性が高く、ハンドリング操作をちゃんとホイールに伝え、シャープなコーナリングを可能にします
RXシリーズが狙ったところにコースが取れるのはこのフォークの影響もあります。
フルアルミ製なので重量も重くなりすぎない点も好感度高いですね。

 

 

フレームインナーワイヤー

IMG_0281

ブレーキや変速のワイヤーがフレーム内臓になっています。

見た目スマートな印象になるのと同時に外部への露出がない分、錆や汚れなどの影響を受けにくいつくりになっています。

一度フレームに入ったワイヤーがBB裏から出てくるので本当に全体がすっきりしたビジュアルになっています

 

 


 

 

旧モデルとの違い

 

価格

2016年モデル ¥69,000(税抜)
2017年モデル ¥64,000(税抜)
なんと¥5,000オフ、イインダヨー。
これは同じくESCAPE R3もモデルチェンジに伴い¥5,000オフになりましたが、あちらは併せて重量が500グラムアップしました。RX以上に部品が変わったりしていますからね。
それに引き換えRX3はメーカーHP上での重量値が100グラムアップのみ
それも後述の部品の変更によるものが大きいんじゃないかなぁと見ています。
とってもお買い得になった印象が強いですね。

 

 

BB

2016年モデル BB-UN26
2017年モデル BB-UN100
これは大きく変わったとはあまり言えないかなぁ。
使っているものは変わりましたが、同ALTUSグレードでもあり、カップも相変わらず樹脂製のものです。カタログスペック上では変更となっても実情そこまで乗り味に影響を与えないポイントと言えるでしょうな。

 

 

ブレーキ

IMG_0266 IMG_0282

2016年モデル Shimano ALIVIO
2017年モデル TEKTRO 857AL
これは変わりましたね!
このブレーキを採用している自転車の価格帯を考えると今回の¥5,000オフのシワ寄せはこんなところにも来てるなーという印象。
「そうだ、浮いた¥5,000でブレーキのアップグレードをしちまおう!」

というのも大歓迎です。たとえばShimano DeoreのVブレーキで前後¥4,568(税抜)と非常に魅力的。
もちろん自転車販売時にご注文いただいた組み換えはエイリン全店工賃サービスで交換可能でっす!

 

 


 

 

さて以上、かなり長めにインプレッションを書いてきましたが
パワーロスが少なく踏み込みが推進力に変わる、それでいて適度に路面の衝撃を消して快適に走れる、という素晴らしいクロスバイク。
街乗りからスポーツまで、あなたが自転車に乗っている時間がとっても楽しくなること間違いなしと自信をもってお勧めできる1台です。

 

 

 

もちろんさらにグレードアップしたRX1やRX2もそれぞれ魅力的。
こちらの紹介記事もどうぞ。

 

 

 

ちなみに本日ご紹介したESCAPE含めGIANTブランド新車商品は全て店頭販売のみとさせていただいております。

通信販売は不可となりますのでご了承下さい。

 

 

住所:京都市中京区西洞院通押小路下ル押西洞院町 590-5 ライフプラザ烏丸御池1階東
TEL&FAX:075-256-5800
営業時間:10:00-20:00
定休日:年中無休(盆・年末年始を除く)

 


\ この記事を書いた店舗 /

御池店

あなたの生活に”丁度良い”自転車お探しします。

御池店

店舗の場所は地下鉄「烏丸御池」「二条城前」のちょうど真ん中。 サイクルショップが並ぶ御池通りの端っこで営業しているちいさい店舗ですが、他のお店には無い自転車なんかが意外と見つかるかもしれません。 一般車~スポーツ車、電動アシスト車まで、販売は勿論、修理やメンテナンスもご相談ください。

住所:
京都市中京区西洞院通押小路下ル押西洞院町 590-5 ライフプラザ烏丸御池1階東
TEL:
075-256-5800
FAX:
075-256-5800
営業時間:
  • 10:00-19:00(1月、2月、8月、12月)
  • 10:00-20:00(3月~7月、9月~11月)
定休日:
年中無休(盆・年末年始を除く)

SHOP MAP

アクセスガイド

京都市営地下鉄烏丸御池駅2番出口より西へ徒歩5分。二条城まで徒歩約5分
■周辺情報:「烏丸御池駅」「二条城」「京都医健専門学校」「御金神社」