エイリンBLOG

【エイリン丹波口】京都の町をちょっと散歩するのにオススメな自転車をご紹介♪

2019年04月11日 | 丹波口店 , 商品紹介

こんにちは京都市下京区で営業しております「サイクルショップエイリン丹波口店」です。

 

天候、気温、彩の良い季節となりました。

こんな気持ちの良い季節にオススメの自転車、京都の自転車屋さんNaturalさんが商品展開されていたND-650という自転車。

非常にシンプルなルックスとパーツ構成。

それでいて650Cというタイヤ径に細身のタイヤは変速を必要としないほど軽やかな走り心地です。

自転車が出すシンプルでいてどこかレトロ感漂う雰囲気は京都の町にも良く似合います。

以前にも当店ブログでご紹介しておりましたNaturalさんのND-650。

Naturalさんのご引退とともに在庫されていた自転車をすべて引き取らせていただきましたがそちらもあと残りわずかとなってしまいました。

二度と手にすることができないこちらの自転車もアウトレット価格として当社にてお安く販売しております。

おそらくNaturalさんの自転車を購入できるラストチャンスとなるのではと思いますのでこの機会にぜひ!

商品詳細

■サイズ C-T 430mm  適応身長 150~168㎝(目安)

メーカー希望小売価格 39800円(税抜)

~OUTLET~

■エイリン販売価格 27800円(税抜)


各部詳細

タイヤ径は650Cタイヤ幅は25㎜となっております。

街乗りに適したタイヤ幅は適度なクッション性と走行性があり走り心地は軽やか。

オレンジと黒のアメクロタイヤは自転車のデザインに適したデザインです。

クラシカルなベルにサドルと初期装備で自転車の雰囲気に良く似合うパーツ構成で最初から完成されている印象。

これでも十分良い自転車ですが合皮の素材ではなく本革レザーパーツを使えば雰囲気は一段と増しそうです♪

まぁ自転車の価格と変わらないくらいのパーツ代がかかるんですが…

フレームのデザインもそうですが自転車はやはりパーツ次第で印象ががらりと変わりますのでこれらのパーツはなるべく崩さずに乗り続けたいですね。

Naturalさんのユニークなヘッドバッチやフレームロゴももちろん健在

昔はよくこのヘッドバッチを目にしました。

かわいらしい目を引く自転車には大体このヘッドバッチが付いていた印象です。

なくなったことにがっかりされているお客様も多くおられるのもお客様と会話する中でひしひしと感じます。

雰囲気がありながらシンプルなルックス。

それでいてシンプルなパーツ構成だからこそ洗車などのメンテナンスもしやすくきれいな状態を維持しやすいのではないかと思います。

手に入らない自転車だと思うときれいにせずにはいられませんよね。

 

京都で自転車を乗るうえでこれほど京都にぴったりな自転車もないでしょう。

お客様よりも僕ら自転車屋が笑顔になる自転車です。

 

では”(-“”-)”

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。

サイクルショップ エイリン丹波口店

丹波口店
住所
京都市下京区中堂寺坊城町17-2 長栄クレメント五条
TEL
075-353-7787
営業時間
10:00-20:00
定休日
年中無休(盆・年末年始を除く)