エイリンBLOG

2019年モデルGIANT ESCAPE RX2が発表!メーカー完売2018年GIANT ESCAPE RX2がラスト1台残ってます!

京都大学近くの自転車店「サイクルショップエイリン今出川京大前店別館」です!
エイリン今出川京大前店別館は、子ども車(キッズ・ジュニア)や電動アシスト自転車。クロスバイクから本格ロードバイクを中心に展開しています!

 

今回ご紹介させていただきます自転車は、先日2019年モデルが発表され発売開始となりました「GIANT ESCAPE RX2」と2018年モデル在庫特価のご紹介です!

 


2018.GIANT ESCAPE RX2(ジャイアント エスケープ アールエックス2)

メーカー希望価格:¥76,000(税抜)
エイリン特別価格:¥64,980(税抜)※GIANTは対面販売のみとなります。SOLD OUT
サイズ(適応身長):555mm(180~195cm)

 

2018年モデルと2019年モデルの違い

◆カラー

<2019年モデル>

 

<2018年モデル>

2019年モデルにラインナップされた「マシーングレー」「マットイエロー」の2色が新色として登場し、2018年モデルにあった「マットブラック」「マットオレンジ」は、メーカーで完売となりました!

 

◆スペック

仕様変更なし

 

◆価格

<2019年モデル> ⇒ メーカー希望価格:¥79,000(税抜)

<2018年モデル> ⇒ メーカー希望価格:¥76,000(税抜)

 

 

変更点としては、カラーラインナップが変わったことと価格が3000円値上がりました。

スペックの変更が無く価格が上がったというのは、大人の事情といったところでしょうか?

 

 

GIANT ESCAPE RX2のオススメポイント!

コストパフォーマンスが高く、世界的にも人気の高いGIANTのラインナップですが、なぜコストパフォーマンスが良いといわれるのでしょう?

スペックを見ても、他のメーカー同価格帯のクロスバイクと比べてもあまり差はみられず、メーカーによってはサードパーティで組まず、SHIMANO製品で統一するなど、むしろGIANTは普通なのでは?

と感じている方もおられるかと思います。

 

◆実はGIANTはタウンユース向けクロスバイクから素晴らしいフレームが採用されているからコスパが良いと言われている説

 

GIANTで一番有名なクロスバイクと言えば、ESCAPE R3ですが、GIANTの全ラインナップで車種ごとに方向性(ニーズ)合わせたフレーム設計がされています。

例えば、今回ご紹介させていただいている、ESCAPE RX2は、フィットネスバイクとして長時間ライドをする事でライダーの故障をなるべく軽減するための配慮がたくさんされています。

 

①ヘッドチューブ

ヘッドチューブは少し長めの設計。長時間走行していると腰や首に負担がいくのを軽減。

また、初めてのスポーツバイクでも扱いやすい◎

 

②トップチューブ

トップチューブは、ヘッドチューブ側溶接では正方形に近いパイプ形状。

シートチューブ側に向かって薄く変形しています。

これは、ヘッドチューブ側で溶接面積を広く取ることで、頑丈さ作ることとハンドルコントロールに貢献。

シートチューブ側に向かって薄く変形させることで、路面からくる縦振動をシートへ行きにくいように振動吸収性を高めるための配慮。

 

さらに、断面肉厚では、溶接部分を肉厚にし、中央付近ではかなり薄くされています。

これにより、フレーム本体の軽量化を行いながらも剛性をキープしています。

 

 

③シートステー

シートステーは弓なりになっています。

これもシートへの振動の吸収性を高める為。

 

 

④ダウンチューブ

ダウンチューブは、さほどヘッドチューブからBBに向け大きさを変えていませんが、縦長の四角い形状から横長へ変形されています。

ダウンチューブは、ペダルを漕いだ時のトルク(力)を逃がすことなく推進力に帰る為、太く設計され、

ヘッドチューブ側でしっかりと溶接面積を確保することから剛性と安定性を確保。さらにBB側で横長の四角へ変形させることで、ペダリングからのしなりを起こさないようにする事とBB側での溶接面積を確保し剛性を高めています。

また、ダウンチューブもトップチューブ同様に溶接部分と中央部分での断面肉厚に差が付けられています。

 

 

⑤D-FUSE対応のシートチューブとD-FUSEカーボンシートピラー

GIANT独自規格のD-FUSEは、振動吸収性を高めるために開発されています。

そもそもシートチューブは地面から垂直設計ではなく、後ろに傾いて設計されています。

 

そこから、シートピラーの背面を平らにすることで、”しなり”を起こすようになっています。

これにより、ライダーのお尻や腰への負担を最大限に軽減する考えられています。

 

 

⑥カーボンフォーク採用

さらに、RX2では、アルミコラムのカーボンフォークが採用されています。

軽量かつ振動吸収性が高く、さらにアルミコラムが採用されているのでエントリーユーザーにも扱いやすく安心。

 

今回2018年モデルでご紹介しておりますが、2019年モデルも変更が無いため、同スペックです。カラーチョイスのみ違うのでご注意ください!

コンポやパーツについて、以前にご紹介しました丹波口店のブログ「2018年モデル GIANT/ジャイアント ESCAPE RX2/エスケープ RX2 のご紹介です♪」もご参考ください。

 

 

 


 

まとめ

いかがでしょうか?RX2は、フィットネスバイクとして、長時間のライドでも体に負担を与えにくくなるようにたくさんのGIANTスペックが盛り込まれています。

もちろん、ESCAPE R3もRX2よりもスペックは落ちる物の、他メーカー同価格帯では考えられないくらいの成型がフレームに施されています。

 

私、個人的な意見かもしれませんが、GIANTのコストパフォーマンスは、ついているパーツではなく、本体であるフレーム成型のレベルの高さから来ているのでは??と感じています。

 

同じ価格で買うなら、乗り心地が良い方がいいですね~

 

2018年モデルGIANT ESCAPE RX2は、当店で残り1台となっています。

サイズが合わない方はごめんなさい!!2019年モデルでご検討ください!!

 

 

サイクルショップeirin京大前店別館
(エントリースポーツ・電動アシスト自転車・キッズバイク専門館)

京都市左京区田中関田町2-7鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL:075-585-5750
営業時間:10:00~20:00
定休日:年末年始・お盆

ご紹介させて頂いた商品については、「売り切れ」となっている場合がございます。
お問い合わせ頂けましたら在庫等確認させていただきます。その他ご質問・ご要望、類似商品についても下記よりお気軽にお問い合わせください。

サイクルショップ エイリン今出川京大前店(本館&別館)

今出川京大前店(本館&別館)
住所
【本館】京都市左京区田中関田町28-4
【別館】京都市左京区田中関田町2-7 鴨東ロイヤルハイツ思文閣会館105
TEL
【本館】075-752-0292
【別館】075-585-5750
営業時間
10:00-20:00
定休日
年中無休(盆・年末年始を除く)