エイリンBLOG

SINGULAR

本記事は最新の更新から1年以上が過ぎています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

さーてそろそろ春も近づいてきました!

亀も起きてきたよ~~。でもまだ少し眠そう~~~

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてさて、今回はイギリス・ロンドン近郊ブランドSINGULARの紹介をタップリと。

まずはじめに

PEREGRINEフレーム+フォークセット¥126.000

 

こちらのPEREGRINEは、汎用性高い何でもこなせちゃうツーリング・シクロクロスベースのフレームになります。

もちろんのことシクロクロス仕様にしてレースに参戦しちゃうのも良し。

タイヤを細めにしてアーバンロードバイクにしてみるのも良し。

BBにはエキセントリックBBを採用。シングルスピード化してシンプルな自転車を製作するのも良し。

キャリア・泥除けも装着可能。キャリアを装備して旅にでかけちゃうのも良し。

はたまた、フレームサイズ:Sサイズからは29x2.0のMTBタイヤを装着可能なので、MTBタイプとして里山や鴨川とオフロードツーリングに繰り出すのも良し。(日本使用のXSはタイヤサイズ700x38Cまでとなります)ドロップハンドル仕様で新しい分野であろうモンスターシクロとしてトライするのも良しでしょう。

速く走り”勝つ”ことを前提にしなければこれほどなんでもこなせる1台も他にありません。
もちろんのことこれだけこなせるのですから、街乗りには申し分のない自転車が組み上げることができます。

走行フィーリングはリアエンド135mm(MTB規格)の甲斐あってか非常にカッチリとした印象。後ろ三角の過剰なたわみも少なく、荷物積載などにも安心な印象。かといって乗り心地が硬いわけではなく、クロモリらしいマイルドな乗り味。
長い付き合いができる1台とはこういう自転車ではないでしょうか?

こちらは少し前に納車させていただいた完成車。う~~んカッチョイイ!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

つづいては、シクロクロスモデルの

KITE フレーム+フォークセット¥99.750

を完成車で展示しています。

 

主なスペックは↓

フレーム&フォーク:SINGULAR KITE サイズ:M(C-C)500mm
ヘッドパーツ:TANGE TE36STR
クランク:FC-CX50 170mm 46-36
Fディレイラー:FD-4600
Rディレイラー:RD-4600
スプロケット:CS-4600 12-30T、10 SPEED
ハンドル:HARP EX BAR 31 400mm
ステム:HARP 3D BLACK 31 90mm
シフター&レバー:SL-4600
サドル:VELO
シートピラー:HARP 3D GEAR 2BOLT
ホイール:WH-R501
タイヤ:SCHWALBE ROAD CRUISER 700x35C
ブレーキ:BR-CX50

当店売価¥178.800

シクロクロスモデルとして発表されたこの”KITE”
さすがにシクロクロスモデルというだけあり、前述のPEREGRINEに比べて非常に俊敏性がより高くぐいぐい前にすすんでくれるレーシーな印象がしました。後ろ三角のベンドやクロモリフレームらしい適度なしなりが乗り心地の良さに一役かってくれています。

リアエンド幅は132.5mm(元来ロードは130mm・MTBは135mmです)の設定ですので、軽量なロードハブ~剛性高いMTBハブまで選択肢の幅も広がりますね。

純シクロクロスモデルにつき、キャリアダボ穴などは設定されておりませんが、キャリアなどを装備しツーリングバイクとしても充分可能でしょう。
ストレートフォーク採用によりコーナリングが細やかなシクロクロス競技においても俊敏なコーナリングが期待できそうです。こちらはエキセントリックBB採用ではありませんが、ノーマルロードエンドですのでシングルスピードも可能でしょう。

他の画像はコチラです~~~

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最後に29ERモデル

SWIFT フレーム+フォークセット¥99.750

も完成車で展示しています。

主なスペックは↓

フレーム&フォーク:SINGULAR SWIFT サイズ:M(C-T)450mm
ヘッドパーツ:TANGE TE36STR
クランク:FC-M590 170mm 44-32-22
Fディレイラー:SRAM X7
Rディレイラー:SRAM X5
スプロケット:SRAM PG950 11-32T、9 SPEED
ハンドル:RITCHEY CLASIIC FLAT 10
ステム:HARP 3D BLACK 31 90mm
シフター:SRAM X7
サドル:VELO
シートピラー:HARP 3D GEAR 2BOLT
フロントハブ:HB-M529
リアハブ*FH-M529
リム:ALEX TD17 32H
スポーク:HOSHI #14
タイヤ:TIOGA PSYCHO GENIUS 29x2.25”
ブレーキ:Avid Elixir5 Hydraulic Disc

当店売価¥179.800

SINGULARといえばこの29ERリジッドモデル、”SWIFT”でしょう。

29インチMTB=29ER、当店をご利用されてる方には中々馴染みのない規格ですが、いわゆるロードやシクロクロスと同じ700Cサイズのホイールに太いMTBサイズのタイヤを装着できる規格となります。
シクロクロスに比べて、より太いタイヤを装着することが出来るのことになるので、山中を代表に、前述の2種よりさらに道を選ばない走行が可能でしょう。また従来のMTBホイールサイズ26”に比べて段差など凸凹の走破性高く、山中の木の根や石などの乗り上げもスムーズになり、車輪の大きさを利用したより高い直進推進力が得れます。例えば26インチMTBでは不得手な登りなども、これならスイスイ上れる印象です。
もちろん体型の小さな日本人においては、この29インチMTB。車体が大きくなる故、サイズの問題がありますが、先日のワールドカップの上位がほとんど29ERだという事実さながら、パーツ含め今後どんどん伸びてくる市場だと想像できます。従来のMTBホイールサイズ26”に比べて単純に言えば乗り心地が良いです!もちろんタイヤを700cの細めに変更は可能なのでクロスバイクアプローチが可能なのも特権。

話は戻りますが、この”SWIFT”
従来の26”MTBタイヤの太さに対しての路面抵抗、回転率の悪さに対する懸念はなんのその、”なんとまあ~、よく進む!”でした。
ホイール径の大小差はこれほど影響するのかとビックリな印象です。
もちろんクロモリフレームによる適度なしなりは乗り心地よく普段使い~山中遊びにおおいに手助けしてくれそうです。
やや長めの純正リジッドフォークは、立ちこぎ時におきるたわみからブレーキの干渉があるのは否めませんが、前述のしなりによる快適性はバツグン。直進性を重んじるツーリングでは間違いなく効果を発揮してくれそうです。
もちろん山中走行を考えがっちりMTBスタイルで走るのであらばサスペンションフォーク、または短めのリジッドに変更がオススメです。
またこのモデルMサイズからの展開になります。町乗り~ツーリングにかけては160cm後半も大丈夫かと思いますが、山中では最低でも身長170cmは必要かと。
その分、車体が大きく存在感があり、単純にでかくてカッコイイのが事実。これは29ERの特権ですかね。
BBにはPEREGRINE同様エキセントリックBBを採用。シングルスピード化してシンプルな自転車を製作するのも良しでしょう。

他の画像はコチラ~~~~

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まー今回も長々と書いちゃいましたが、このSINGULAR。
色々と理屈ぽいことを書いちゃいましたが、結局”カッコイイ”とか”面白い”って思っちゃうのが事実です。

グラフィックは見ての通り、イギリスのブランドあってかMTBブランドに代表される”アメリカン・ヤンキー”の雰囲気もなく、上品さが感じられるのは個人的にも大変好み。
いくら道具性がよくても、僕たちみたいな速く走るための人間でない人種には、結局こういう”カッコイイ”とか”面白い”のほうが大事なんで、ついつい、こういう自転車はオススメしちゃいます。
”カッコイイ”とか”面白い”には一概に答えなんてありませんが、”いいな!”って思われた方は是非見に来て下さいね!

もうすぐです!ラブ!